【読書案内】樺沢紫苑「読んだら忘れない読書術」であなたの読書は0にも100にもなる!

スポンサーリンク
CAFEnomadojyosi15221149 (1)

どうも、記憶力があまりよくないTotty です。

せっかく本を読んだのに内容を覚えていない。誰もが経験していることです。僕も本を読みますが、内容を覚えてない本・・・、たくさんあります。

覚えていない、つまり「記憶」に残っていないということは、それは「知識」としてあなたの中に定着していないということ。もっといってしまえば、その読書は何の役にも立っていない、ということと同じなのです。

冒頭からグサりと刺さる文が胸をえぐります。そっか、今まで読んだ本は役に立っていないのかと、落胆する必要はありません。この本に、読んだら忘れない読書術が分かりやすく書いてあるのですから。

それではまず、Amazonの紹介文からみてみましょう。

Amazonの紹介文

記憶に残らない「読んだつもり」の読書は、ザルで水をすくうようなもので、時間の無駄です。

読書とは、その内容を忘れずに自分の知識として定着させて、自己成長に結びつけてこそ、はじめて意味が出てくるものなのです。

本書では、精神科医である著者が、脳科学的な裏付けのある「読んだら忘れない読書術」を公開します。また、「SNSの超プロ」としての立場からも、ソーシャルメディアを使いこなし、読書で得た知識をアウトプットする方法、人とシェアする方法などを明かします。

ぜひ、「読んだら忘れない読書術」を手に入れ、さまざまな本で学んだ内容を仕事や生活の場で実践してください。

その前にまずは、本書を「記憶に残る読書術」で読み進めてみてください!

読んだら忘れない読書術
サンマーク出版 (2015-04-22)
売り上げランキング: 90

次に本の書き出しを紹介します。

本の書き出しは、筆者が全力で考えた命の断片です。本を書く人もここが1番悩む所だそうです。

本の書き出し

読んでも忘れてしまう読書」はやめなさい
「本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまう」
「せっかく読書をしても、記憶に残っていない」
「凄くおもしろかったのに、少し時間がたつと内容が思い出せない」

あなたも、こんなふうに思っていませんか?

お伝えしたい内容はたくさんあるのですが、ここは急所を3つに絞ってご紹介します。

スポンサーリンク

1.トップクラスの読書家になるのはカンタン

あなたは月に何冊くらい本を読みますか?

私は3〜5冊くらいですかね。日本人の読書量って想像よりはるかに少なくて驚いちゃいました。

日本人の年間の読書量は12、3冊といいます。1ヶ月に、たったの1冊です。さらに、驚愕のデータがあります。文化庁の「国語に関する世論調査」(2013年度)での「1か月に大体何冊くらい本を読んでいるか」(雑誌や漫画をのぞく)という質問に対して、本を1冊も「読まない」と答えた人が、全体の47.5%にものぼっています。驚くことに、日本人の半数近くが本を読む習慣がないのです。 「1、2冊」と答えた人が34.5%。「3、4冊」が10.9%。「5、6冊」が3・4%。「7冊以上」が3・6%です。

つまり、月に7冊読むだけで、あなたは読書量において日本人の上位4%に入ることができるのです。

日本人で月10冊読む人は、約2%という数字も出ています。つまり月10冊の読書をすれば、日本人の上位2%に入れるということになります。

少なっ!僕も自分では少ない方とは思っていたけど、ホント少ない。

普段本を読まない人は、「月に7冊も、10冊も読むのがムリ!」というでしょう。確かにしんどいかもしれません。流し読みならまだしもですが。

著者は「月10冊」を記憶に残しながら、コンスタントに読む方法論として、「アウトプット」と「スキマ時間」を意識するだけで、記憶に残る読書ができると言います。

月10冊本を読むだけで、日本人の2%に入れるって夢がありませんか?僕ももう少し読書量を増やして、2%に入ってみたいという野望が出てきました。全体の2%ってすごくないですか?

2.スキマ時間の読書のススメ

読書というとガッツリ机に座って、メモを取りながら読む。そんなのをイメージしますよね。でも著者はスキマ時間の方が記憶に残るといいます。

電車でスマホをさわるのは最大の時間の無駄である。人生の1割に相当するスキマ時間を「浪費」に使うのか、「自己投資」に使うのか。この時間の使い方次第で、あなたの人生は変わります。

確かに電車の中でスマホ、ついつい触っちゃいますよね。でも、電車は乗換で集中力が削がれるのでは?という疑問にこう答えてます。

何かの作業を行う場合、その集中力は、初めと終わりで特に強くなることが知られています。心理学では、この現象はそれぞれ「初頭努力」「終末努力」と呼ばれます。

ー中略ー 

が、「15分程度のスキマ時間読書」の繰り返しでも、連続読書以上の効果が得られるというわけです。

15分程度のスキマ時間なら、1日の中で捻出するのは難しくないですよね。もちろん通勤時間や、トイレ、人を待っている時間、食事の時間などなど。

3.アウトプットがとっても大事!

アウトプットに関して、4つの方法論が紹介されてます。

読書に関連して私が行っているアウトプットは、以下の4つです。

本を読みながら、メモをとる、マーカーでラインを引く。

本の内容を人に話す。本を人に勧める。

本の感想や気づき、名言をFacebookやTwitterでシェアする。

Facebookやメルマガに書評、レビューを書く。  

これらの4つのアウトプットのうち、1週間以内に3つ行えば、やらないときと比べて圧倒的に記憶に残ります。

どれも難しいことは1つもありません。この本を読んで、本格的ににアウトプットの場としてこのブログを使おうと決めました。しばらくは拙い読書案内になりそうですが・・・。

ちなみにマーカーでラインを引くというのは実践済みなので、人に勧めるところからはじめることにします。

参考▷[iPhone/iPad] Kindleアプリのハイライトを使って、三色ボールペン読書を取り入れる方法

まとめ

今回の急所3つでご紹介はしてませんが、1章まるごと、電子書籍の読書術についても書いてあって、読み応えがあります。

確かに電子書籍はアウトプットとスキマ時間に最適なツールです。

いいね!と思った一節をご紹介しておきます。

帰りの電車では疲れている場合も多く、かたいビジネス書を読みたい気分ではないときもあります。そんなときも、電子書籍であれば、たくさんの本の中から今一番読みたい本を選んで読むことができます。

確かに仕事の疲れが残っている日はまさにこれ。別に活字じゃなくて、マンガでもいいわけですしね。

少しでも気になった方は、Amazonを覗いてみてくださいね。

一緒に2%を目指してみませんか?

読んだら忘れない読書術
サンマーク出版 (2015-04-22)
売り上げランキング: 90

樺沢紫苑さんはこんな本も書いてます

毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法
東洋経済新報社 (2014-12-05)
売り上げランキング: 14,421
頑張らなければ、病気は治る
株式会社あさ出版 (2015-02-24)
売り上げランキング: 661

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク