[2016箱根駅伝] 往路レース後の各監督のコメントまとめ

スポンサーリンク

2016年・第92回箱根駅伝の往路が終了しました。

連覇を目指す青学大が、1区からずっとトップをを譲らず、大会11年ぶり、のべ14校目の往路完全優勝を達成しました。おめでとうございます!

それにしても青学は強かったね。

5区2最後の給水は同級生の伊藤弘毅くんから神野くんへの給水。「最後の箱根、20メートルでいいから神野と併走したい」っていうのにはグッときました。

監督から選手への手渡し給水はなくなってしまったけど、こういうドラマもあるんですね。

2位は3分4秒差で2年ぶりの優勝を狙う東洋大。3位・駒大、4位・山梨学院大、5位・早大となりました。

往路レース後の各監督のコメントをまとめてみました。

スポンサーリンク

往路1位 青山学院大

「昨年は創立140周年で優勝。今年は150周年へ向けての第一歩。こうして優勝できたことを本当にうれしく思う。前期はゆったりとやってきたが、駅伝シーズンに入ってプレッシャーを日々感じていた。だから今日学生たちが勢いのある走りをしてくれて、まず一安心というところ。山下り(6区)を1年(小野田勇次)が走る。彼がしっかりと下ってくれれば、あとは上級生の学生たちが責任を持ってやってくれると思う。特に7区の小倉は4年連続の走りになるので期待しているし、8区、9区、10区も間違いなく走ってくれると思う」

【箱根駅伝】青学大、11年ぶり往路完全V 原監督は連覇へ自信

往路2位 東洋大

往路3位 駒沢大

往路4位 山梨学院大

往路5位 早稲田大

文化放送 往路終了後監督談話(1位~5位)もありましので、リンクを追記します。2016年1月2日 23:32

スポンサーリンク

さいごに

大手町から箱根まで21チームすべて襷が繋がりました。何はともあれすべてのチームが無事ゴールテープを切れたのはよかったと思います。

明日の復路にはどんなドラマが待っているのでしょうか。

明日は大手町のゴールに行く予定です。楽しみデス!

こちらの記事もよく読まれてます

[箱根駅伝] TV観戦が楽しくなるTwitterアカウントのまとめ

2016.01.01

[箱根駅伝名物] 今年も選手を応援する沿道の名脇役 フリーザー様・リラックマ・○_○の旗

2014.12.31

[箱根駅伝] 給水ルールが変更になってますよ、監督から選手への手渡し給水を禁止とその理由

2014.12.21

今からでも遅くない!箱根駅伝が10倍面白くなる3つのポイント

2014.10.19

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。