iPhoneから印刷ができるキングジムテプラPRO SR5500Pは小売店・飲食店でヒットすると思うぞ!

スポンサーリンク
r20150707_sr5500p_large 2

どうも、Totty です。

以前も記事で書きましたが、キングジムと言えば、代表作の「テプラ」!

カンブリア宮殿の放送をまとめた記事ですが、その中でキングジムの掟として4つがあがってましたので、改めてご紹介しておきましょう。

1. 1割の人の心に刺さればいい

2. 市場調査はしない

3. ”居心地のいい”ニッチを狙う

4. ダメ出しされても自分を信じる

[カンブリア宮殿] “1割の人に刺さる商品を作る” キングジムの文房具たちがアツい!

そんなキングジムのテプラシリーズに、初めて、Bluetooth接続に対応した「テプラ」PROSR5500Pが加わるそうです。

PCはもちろん、iPhoneとも接続し、カンタンに印刷ができるそうですよ。でも、この商品のキモはそこじゃない、キングジムの思惑を勝手に予想しちゃいます。

スポンサーリンク

iOS端末からコードレスでラベル作成可能

「テプラ」シリーズで初めて、Bluetooth®※に対応しました。
専用アプリを使用すれば、iOS端末からのラベル作成も可能となります。

img-sr5500p-03

さらに電源は、ACアダプタと乾電池の2通りの駆動方式に対応。
iOS端末と電池駆動を組み合わせれば、コードレスでラベルを作成することができます。

img-sr5500p-04

と、ここまでは、PCにもiOSにも接続できて、場所を選ばないよって感じです。

2020年に向けて人気商品になる!?

タイトルで「2020年に向けて人気商品になる!?」と書きましたが、

2020年といえば、東京オリンピック!

たくさんの外国人観光客が日本に訪れます。経済効果は30兆円規模とも入れてます。

当然東京周辺の小売業、サービス業はこれから、外国人観光客への対応に追われるでしょう。

それを見越してだと勝手に予想してますが、iOSのアプリで翻訳して、多言語ラベルの作成ができるんですね。

img-tepra_link-18

これって、すごく流行る気がします。もっと翻訳や多言語ラベルは進化していくと思いますので注目していきたいと思います。

TEPRA LINK | 「テプラ」関連ダウンロード | ファイルとテプラのキングジム

2015年7月31日(金)より発売で価格は¥18,000 +消費税だそうです。

試しに、小売店・飲食店の方は導入して多言語のPOPに使ってみると、今から差別化ができるかもしれませんね。

KING JIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー
河出書房新社 (2015-06-26)
売り上げランキング: 11,476

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。