【読書】何を読んだら分からない人は、友人・ブログで紹介された本からはじめるといいよ

スポンサーリンク
アイキャッチ

photo credit: I <3 2 read via photopin (license)

どうも、お盆休みにまとまった時間が取れそうなので、読書に時間をあてようと考えているTotty です。

「読書を始めたいが何を読んだらいいか分からない。」というのをSNSで見かけました。

普段から本を読む人にとっては、何を読むかという問題自体にそもそもぶち当たることは少ないでしょう。

そもそもこの何を読んだらいいか分からないっていうところに、読書の強制感や義務感が見え隠れしていて少し残念な気持ちになります。

スポンサーリンク

何のために本を読むのか?

自分のために本を読めばいい。

これだけ多くの「知」が詰まったものが数千円で楽しめるのに、「強制感」・「義務感」みたいな目に見えないものが、その素晴らしい世界を阻害している気がしてならない。

読書はそんなに高尚なもんじゃないんだよね。もっと気軽で身近であるべき。

食事と同じで、バイキングみたいにいろんな料理を食べて、新しい「味」に巡りあうのもいいでしょう。好きな「料理」をとことん食べるのもいいでしょう。

周りに本を読むのが好きな人いませんか?

自分も周りを見渡してみてください。本を読むのが好きな人いますよね。

またネット上にはたくさん読んだ本を紹介してくれる人がたくさんいます。記事数も少ないですが、このブログもその1つ。

何を読んだら分からない人は、友人・ブログで紹介された本からはじめる。

上司に何の本がオススメか聞くのもいいでしょう。つまらない本をススメられて、感想を求められちゃうかもしれませんけど。

書評ブログ

僕がよく見ている本を紹介しているブログを貼っておきます。

マインドマップ的読書感想文

ぐるりみち。

ライフハックブログKo’s Style

さいごに

そもそも読みたい本があるから、読書をするのであって、

特に読みたい本がなければムリに本を読まなくてもいいんじゃないのかな。

大人のための読書の全技術 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2014-08-01)
売り上げランキング: 302

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。