「了解しました」が口癖の人は気をつけたほうがいいぞ!

スポンサーリンク

どうも、Totty です。

ビジネスでの会話やメール、電話などでよく使われる「了解しました」という言葉。

上司からの頼まれごとに、了解しました。
取引先からの依頼に、了解しました。

言われてみれば知らず知らずのうちに、違和感なく「了解」を使っている人いませんか?

また口癖のように「了解」を使っている人、その「了解しました」を不快に思っている人、いますよ。

スポンサーリンク

目上の人に「了解」はダメ!

何かを頼まれて、「了解しました。」って答えている人、たくさんいます。

しかし了解という言葉は、相手を同等・もしくは下にみてOKを出す意味合いで使われる言葉です。

よって目上にあたる人に対して、了解という言葉を使うのはNGとなります。人によっては不快に思う人もいるでしょう。ちょっと砕けた印象を持つ人もいるので、ビジネスで使うのはやめておいたほうがよさそうです。

話は全然それますケド、この写真のようなこんなかわいい部下いたらいいね。
逆に「了解!」って言わせたい。オイオイ。

参考▷ブログアクセスアップの女神!ぱくたその河村友歌(ゆかちぃ)さんを知ってるかい?

かしこまりました・承知しました

では一体どんな言葉を使えばいいのでしょうか?

分かりました
無難な感じはしますけど、ちょっと相手に対する敬意が足りないような印象を受けます。

かしこまりました
僕は社内で目上の人には「かしこまりました」をよく使ってます。

承知いたしました
社外の人には「承知いたしました」を使います。「かしこまりました」より敬意を払っているような印象を受けるのでこっちを使ってます。

いろいろな表現がありますが、「かしこまりました」か「承知いたしました」を使っていれば、問題ないかなと思います。

なお仲間内では当然のように「了解!」は使います。たまにラジャーとかも。

さいごに

言葉は日々変化しつづけるので、いつの日か「了解しました」を使うのがスタンダードになる時が来るかもしれません。

しかし、円滑なコミュニケーションをするために、少しでも不快に思う人がいる言葉遣いは避けたほうがいいでしょうね。

少しでもご参考になればうれしいです。

では、またお会いしましょう。

完全図解 仕事ができる! 男のビジネスマナー
学研パブリッシング
売り上げランキング: 107,325

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク