繰り返し読みたい イケダハヤト 武器としての書く技術/はあちゅう 半径5メートルの野望/重松清 とんび

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも、Kindle大好き Totty です。

Kindleで本を読むようになって、めっきり紙の本を読む機会が減りました。電子書籍、サイコーです。

最近の悩みはKindleのセールがやると、ついつい買い込んでしまって、積ん読本が、しこたま増えてることです。

本をたくさん読む多読もいいけど、何冊の本を繰り返し読むのもいいんじゃないかなんて思い始めてます。

スポンサーリンク

記憶の定着のための三色ボールペン読書術


本を読むのは楽しいんですが、読んだあとに結局何が書いてあったか、頭に残ってないことがあります。

そこで少しでも頭に残るように取り入れたのが、三色ボールペン読書術。

参考▷[iPhone/iPad] Kindleアプリのハイライトを使って、三色ボールペン読書を取り入れる方法

三色ボールペンをKindleに取り入れてから、記憶の定着率は少し上がった気がします。

さらに記憶の定着を図る為の繰り返し読書


三色ボールペン読書術で、記憶の定着率は上がりましたが、もっともっと記憶に定着させたい。

そこで取り入れたのが、スキマ時間に同じ本を繰り返し読むこと。

スキマ時間にダラダラと見ていたSNSをやめて、iPhoneのKindleを開いて本を読むようにしました!

繰り返し読んでる3冊


最近繰り返し読んでる3冊をご紹介します。どれも私にとって大事な本たちです。

イケダハヤトさん 武器としての書く技術


炎上常連のイケダハヤトさんの著書。読む前と読んだあとでは彼の印象がガラリと変わりました。

ブログを書いてる私にとって、繰り返し読んで自分に染み込ませたい内容ばかり。

武器としての書く技術 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2013-06-27)
売り上げランキング: 1,544

はあちゅうさん 半径5メートルの野望


はあちゅうさんのInstagramもフォローして見てるんだけど、いつ寝てるの?ってくらいアクティブに動いてるし、いつ運動してるの?ってくらいおいしいものを食べてるのに太らない不思議な人。

「頑張りたくても頑張れない」と言っている人は、しょせん「頑張れない人生で終わってしまう」という言葉が刺さって、繰り返し読んで自分を奮い立たせてます。

半径5メートルの野望
半径5メートルの野望

posted with amazlet at 15.07.01
講談社 (2015-01-30)
売り上げランキング: 1,181

重松清さん とんび


人目のあるところ、通勤電車とかカフェとかで絶対に読んではいけない1冊。

初読は通勤電車だったんだけど、涙をこらえるのに必死でした。

いい言葉がたくさん出てきて、読むたびにハイライトが増えていった小節。

仕事がツラい時に読んで、元気とやる気をもらってます。子どもの為に頑張るパパは読むべし。我が子をギュっとしたくなるよ。

とんび 角川文庫
とんび 角川文庫

posted with amazlet at 15.07.01
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-01)
売り上げランキング: 1,402

繰り返し読むと見えてくるもの


イケダハヤトさんの本のすべてを吸収して自分の中に取り込みたい。

まだまだ未熟ですが、自分の言葉でキッパリ文章を書けるようになりたいので、繰り返し、繰り返し読んでます。

はあちゅうさんの半径5メートルの野望は、ぜひ彼女のSNSと並行して読むことをオススメします。

本とSNSがリンクし始めると、彼女が本に書いてることがより厚みを増してきます。

とんびは子どもがいる人はぜひ読んでほしい。読むたびにうちの娘と過ごす時間を大事にしたいと思われせてくれる大事な繰り返し読みたい本です。

さいごに一言


あなたも繰り返し読書、はじめてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク