ブログ記事が書けない!出すものがないなら、入れるしかないでしょ

スポンサーリンク

ブログを毎日書いていると、ネタ切れが必ずやってきます。

今日だって、書きたいことはぼんやりあるんだけど、何を書こうか考えているうちにみるみる時間が過ぎて行きました。

時間は限られているので、何を書こうかを考えている時間がもったいないのです。

ということで、自分への自戒・備忘録も含めて書き記しておきます。

スポンサーリンク

たとえベタでスイマセン

ちょっときたない話になってしまいますけど、人間食べなきゃ、出るものもでないですよね。

この例え、あんまりよくないと思いつつも、自分の中でシックリきちゃったので書き続けますけど、かっこいい言葉で言えば、インプットした量に、アウトプットは比例するなんてよくいいますよね。

先ほどの例えでいうなら、

インプット=食物、つまり栄養です。
アウトプット=体の筋肉や血です。

アウトプット=排泄物にしなかったら、なんだかキレイな例えになりましたね、不思議。書きながら方向転換しちゃう柔軟さも必要だね、文章を書くには。

自分の中に取り入れたものをアウトプットしたい

なんでもそうですけど、自分の中に一度取り入れたものって、スラスラ表現できますよね。

いつも使っている駅について説明しろって言われたら、僕は自信満々に説明を書けます。

手前が女性トイレ、その奥が男性トイレ。自販機は3台並んでいて、真ん中の自販機にはみそ汁が売ってるんですよ。コインロッカーは階段下にあってですね、月曜日の駅員さんのアナウンスはちょっと声が甲高い。なんてカンタンにアウトプットできるじゃないですか。

でも、イタリアのローマの最高級レストラン・ラ・ペルゴラ(La Pergola)についてアウトプットしなさいって急に言われても、行ったことのない僕は、せいぜいネットで検索するか、ガイド誌を買ってくるかして、表現するしかないですよね。

今年2016年の目標じみちゃいますけど、ちゃんと自分の中に入れたものを、外に出していこうと思ってます。

入れるものはなんでもいいんです

何を入れて、何を出すか。どうやったらいいのか?僕の日々、模索しています。

自分の中でワクワクするもの、気持ちいいもの、他人にススメたいものにレベルアップさせて、外に出す。

入れるものは、人の書いたものをたくさん読むっていうのが1番手っ取り早いですよね。

インプットとなると、活字、そうだ、読書だ!だなんて人もいますが、僕はそうは思いません。マンガでもいいし、絵画だっていいと思います。

ちなみに僕は今日、ブログに何を書こうか迷っていた時に読んだのは、自分が住んでいる「市の広報誌」でした。

市長の年頭挨拶があったり、市のイベントが掲載されてるあれです。こんな些細なものでも、インプットには十分です。そのなかに「点検商法に注意!」という記事がありました。

点検商法というのは、悪意のある業者が、「家にカビが生えていますよ」とか、「屋根瓦が崩落したら近所の家にの迷惑がかかるから一度点検しましょう」などと不安を煽って、点検→契約を迫るなんていうのに気をつけましょうという内容でした。

このインプットだけでも、書きたいかは別として、1記事くらいは書けちゃいそうです。「振り込めサギの次は点検商法に気をつけろ、あなたの両親が危ない!」とかの記事だったら、読んでもらえそうですかね。ま、書かないけど。

つらつら書きましたけど、ブログが書けない時は、何でもいいから人の書いた文書を読みましょうってことです。

(この文章は広報誌を読んで20分くらいで書きました。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。