チビッコを連れて行くなら”無料”の潮干狩りスポット”大洗サンビーチ”がいいよ

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも、Totty です。

潮干狩りシーズン、到来!大型連休中、関東地方は好天に恵まれ、行楽地は家族連れなどで賑わってますね。潮干狩りも盛況のようです。

ところで「潮干狩り」って行ったことありますか?まだ潮干狩りに行ったことのない方は、一度行ってみると面白いですよ。子どもの水遊びも兼ねることができるでのオススメです。

今回は“無料”の潮干狩りスポット”大洗サンビーチ”に行ってきたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

潮干狩りスポットを選ぶ!

2歳の娘に潮干狩りをさせたい!ということで、いろいろ下調べをしてました。その時に参考にしたサイトがこちら。

LINK
全国潮干狩りスポット2015

エリアごとに分かれているので近隣のスポットも検索しやすいです。気になるレンタル用品、トイレ、更衣室、シャワーの有無も分かるので便利ですよ。

で、頭を悩ませたのが、無料のスポットにするか、有料のスポットにするか?という問題。

有料のスポットは、入場料として1,000円〜2,000円前後のところが多いようです。稚貝を撒いて対応しているところもあるようですが、口コミをみると当たり外れもあるようですね。

逆に無料のところでもザックザックとれているところもあるようです。

無料のスポットを選んだ理由

とある潮干狩りスポットでは、大人(中学生以上)1,600円(2kg)という料金体系でした。今回は妻、私の両親2人、娘(2歳)で行く予定で、大人4人分で6,400円かかります。まぁまぁな出費ですよ。

「よし、潮干狩り王に俺はなる!」と息巻いて、パパに任せろ、ママたちはゆっくり浜辺で休んでてくれ。向こう1週間はイヤっていうほど貝が食べられるように・・・、でも、制限があるんだ、それ以上採れたらどうする?・・・父さんだってやるときはやるんだ・・・、ゴニョゴニョ・・・。

しこたま採ってドヤ顔したいところです。

が、今回の目的はあくまでも「娘のはじめての潮干狩り&水遊び」なんで、貝をザックザック取ることでも、父親としての威厳を示すことでもないんです。

妻といろいろ話し合った結果、無料のほうが気軽に行けるだろうということで大洗第二サンビーチをチョイスしました。

重要!大洗サンビーチの潮干狩りルール

海の資源保護のために、ルールがありますのでチェックしておきましょう。

00032_20140214_0002

量の制限があります

「採れる量は1人あたり1日1kgまで」
貝類資源が減少している中,地域振興を図るため,潮干狩りなどを楽しむ一般の人々に平成13年4月1日から「1人あたり1日1kgまで」貝類の採捕を認めています。

大きさに制限があります

00001_20090203_0045
3cm以下の鹿島灘はまぐり、こたまがいは採ってはいけません。
ほっきがいは,7cm以下のものは採ってはいけません。

道具の制限があります

00001_20090203_0047
網をつけることは禁止されています。
市販品を購入する場合にも,十分注意してください

ルールはしっかり守って楽しみたいですね。詳しくは下記リンクを参考にしてください。

LINK
大洗町 潮干狩りはルールを守って楽しみましょう
※画像は上記サイトより転載しました。

大洗第二サンビーチ、よかったよ

観光地に行くと必ず悩まされる駐車場問題。車を停めるだけでげんなりしちゃうこともありますが、大洗サンビーチには7,500台の無料駐車場があり、すんなり止められました。海岸の目の前だったのでアクセスも良好です。

じいじと娘。
じいじと娘

トイレや水洗い場もありましたよ。簡易トイレもいくつか設置されていたので、安心かと。

海岸にはサーフィンを楽しむ人も。
海岸

貝は採れたのかい?という話ですが、えー、結果からするとほとんど採れませんでした。

いい大人がザクザク掘って、ちょびっとしか取れないと悲しくなりますが、娘がとってもはしゃいでいたのでよしとしましょう。

次回予告

世の中には知らずに過ごしていることが、たくさんありますね。眼鏡とは数十年の付き合いになるわたしですが、眼鏡って結構奥深い。

たとえばフレームの形ひとつとってもたくさん種類があります。また顔の輪郭によって似合う、似合わないフレームがあるんですね。

次回はそんな「眼鏡」のお話です。

更新情報はこちらからチェック!

feedlyでRSS購読

Twitterで購読

エーワン 潮干狩り 新ファミリーセット FC-58
エーワン
売り上げランキング: 37,389

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。