1日の5分間だけ、かわいい我が子のために生きてる

スポンサーリンク
アイキャッチ

GWがあっという間に終わってしまった。明日から会社に行くのがちょっと憂鬱なのは、5月病ではないはず、だって新入生でも新入社員でもないから。ひとえにGWに過ごす我が子との時間が楽しかったからに違いない。

スポンサーリンク

平日ほとんど起きている姿を見れないわたしにとって、土日ではなく、まとまった休みは2歳になった娘と24時間過ごせる大事な時間。

朝起きて、寝室からリビングにだっこして連れて行く。牛乳をあげる。ゴキゲンを取りながら、オムツを変えるところからはじまる1日。シャッターを開けて朝日を浴びる。

朝ごはんは3人一緒。いつからあんなに箸を上手に使えるようになったんだろう。水をこぼしてイライラさせる。ちょっと機嫌が悪くなるとモノを投げる。ふりかけや醤油、ソース、ケチャップ。なんでもかけるものは「チャッチャ」と命名して、すぐに要求してくる。気に要らない物は吐き出す。テーブルも床掃除も相当手際がよくなった。

バイキンマンの「うるさーい!」というセリフを真似して、親にも「うるちゃーい!」を連呼。キッチンでご飯を作っていると、踏み台を持ってきて、切ってあったキャベツを流しにぶちまけた。思わず手を上げて叱ったけど、妻は優しく「パパのお手伝いをしようとしたんだよねぇ。」と優しくフォローする。やっぱり母親は偉大だ。なんでキャベツを刻んだかというと、お好み焼きに好きなだけ、青海苔やら、鰹節をかけさせてあげたかったから。おかげで床はお祭りのあとみたいに汚かったけど、よほど楽しかったのか、パパの作ったお好み焼きを完食。泣かせるじゃないか。お好み焼き焼きの塩加減間違えたかと思ったよ。

GWのたった数日だけど言える言葉が増えた。ちょっとでも横になっていると、起きろと要求してくる。さっと起きると、「びぐーるしたぁ。」本人はビックリしたといってるらしい。おかげで連休中はほとんどゴロゴロすることなく、子どもと遊ぶ、意識高いパパで過ごした。多謝。

いつからから、「水」のことは、「マニー」と呼ぶようになっていた。お水が入ったお気に入りのコッシーの水筒も「マニー」。川をみても「マニー」。水たまりをみても「マニー」。拝金教育の心当たりはないんだけど、今日、「おみじゅ」って言えた。ささいなことかもしれないけど、嬉しかった。

何回踊らされたか分からない、「地球ぴょんぴょん」、「おっす!イスのおうえんだん」、「おおきなきのうた」の歌詞も覚えた。パパの踊りは下手だけど、楽しければそれでいいんじゃないか。

妻から自転車に乗るのが最近お気に入りだよーと聞いたので、ヘルメットをかぶらせて風を切って走る。確かに妻の言う通り、ゴキゲンそのもの。少し汗ばむくらいの陽気だったけど、2人で買いに行った評判のパン屋のクロワッサンは格別にうまかった。たぶん明日以降に筋肉痛になるだろうけど。

この連休中には、壊されたモノもある。ひとつは眼鏡。さすがに2歳の俊敏なアタックに、三十路まっしぐらの中年には回避能力がなく、鼻あてが取れた。Bluetoothキーボードでブログを書いていると、「じゅんばんこ」と言われて、キーボード奪われ、iPadを立てかけるところをへし折られた。Bluetoothキーボードを物色してたら、ネット広告が全部Bluetoothキーボードになった。無類のBluetoothキーボード好きかよ。

お風呂に入るのも楽しい。向い合っての水遊び。お風呂でやるおままごとが大好きなムスメ。パパはままごとに夢中になってたら、後ろに立て掛けていた風呂フタが倒れてきて、頭を打った。娘は、大爆笑。コテコテのドリフみたいなシュチュエーションだけど、爆笑してくれるとうれしいから、飽きない程度に繰り返す。これでしばらくはお風呂も楽しんでくれるだろう。

たぶん1日の24時間のうち、かわいいトコだけを凝縮しても5分位にしかならないくらい、ほとんどイライラ。でもその5分に負けてしまうのは親というものなのか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。