お正月くらい紙の新聞に触れよう!主要5紙を読み比べ

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも Totty です。

明けましておめでとうございます。

普段は日経の電子版を定期購読していますが、お正月の恒例で元日の朝に主要5紙を買ってきて読んでいます。

インターネット主流の時代ですが、年に1度くらいは紙の新聞に触れるようにしてます。

スポンサーリンク

主要5紙とは?


日本では、読売新聞・朝日新聞・毎日新聞・日本経済新聞・産経新聞の5紙が全国紙と称される

出典:全国紙 – Wikipedia

各紙とも特色があり、スタンスもまちまち。それを読み比べるのも楽しい。

こちらに主要5紙のスタンスが、経済財政・成長戦略/安全保障・外交/原発事故・エネルギー政策に分かれて掲載されておりわかりやすいです。

主要5紙のスタンス一覧 | 新聞報道の比較・社説スタンスの可視化・政治テーマの論点整理 | Media Watch Japan

お正月の朝の楽しみ


元日の朝はどうしてこんなにワクワクするだろう。これからはじまる1年を案じる気持ちより、これから起こる何かを想像するからだろうか。

朝の窓から差し込む光の中で、ザラザラとした紙の手触りやインクの匂いを楽しむ。

デジタルは良いところもたくさんあるけど、アナログの感覚も捨てがたい。

電子版だとできないパラパラと新聞をめくりながら、俯瞰する。

なかなかいいもんです。

元旦広告も各紙読み比べ


各社のキャッチコピーが楽しい。ブログを書くようになってからキャッチコピーに目が行くようになりました。


Panasonicはネイマール。
この世界をワンダーに。


昨年大ヒット、レイコップ。
人はふとんから出かけて、ふとんに帰ってくる。


誰かを思う。
それだけで人は、
しあわせになれる。
-明治安田生命-


大好きなミトちゃんも。
ミトおし明るく。


いよいよ、明日から箱根駅伝!


SHISEIDOはレディガガで複数パターン用意している模様。これも読み比べてはじめてわかること。

有名ブロガーも各紙に降臨


大好きなブログごりゅご.com@goryugo さん降臨!
ごりゅごさん
同じ子を持つ親として興味深い記事でした。子の成長 抱いてやっと実感。うんうん。

また毎日新聞にははあちゅう主義。@ha_chu さんも降臨!

はあちゅう

9日に「半径5メートルの野望」という著書が出るらしいです。本人からもTwitterでリプライ頂戴しました(≧∇≦)

半径5メートルの野望
半径5メートルの野望

posted with amazlet at 15.01.01
はあちゅう
講談社
売り上げランキング: 4,640

Webとアナログが繋がるのもいいですね。

さいごに

新聞記者たちが足で稼いだ情報が詰まった新聞。

情報の源泉に500円ちょっとで触れる。皆さんもお試しください。

では、よいお正月をお過ごしください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。