家計に悩む家庭は、桃音さんのブログ「ももねいろ」を夫婦で読むべし!

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうもTotty です。

Feedlyに登録して購読していた桃音さん(@momonestyle)の「ももねいろ」というブログ。

▷LINK
ももねいろ
ももねいろ

現在は会社を退職後、ライターとしても活躍されているブロガーさんです。

多くの固定ファンがいる人気ブログ「ももねいろ」。

更新頻度内容行動力取材力、どれをとっても同じブログを書いている身としては、参考になるブログです。

毎日更新を楽しみにしているブログのうちの1つでもあり、また先輩ブロガーとして参考にさせて頂いてます。

スポンサーリンク

妻に「ももねいろ」を読ませてみた

妻からある日に相談を受けました。

「FPの無料相談を受けてみようと思うんだけど・・・。」FPの方には申し訳ないですが、無料の相談といってもやっぱり取り扱いの商品を勧められそう。そんな気がしてました。

そこで貯蓄や節約など、自分で調べたり、行動している人が書いているブログがあるよと紹介したんです。きっと妻にハマるという確信がありました。結果はドンピシャリ。

お金に関しては無頓着なわたしに反して、妻はしっかり者で家計を支えてくれてました。

彼女はもともと経理の仕事をしていたせいもあるかもしれませんが、結婚してから6年、毎月欠かさず家計簿をつけてます。

今まで、結婚式、住宅購入、保険、子どもの幼稚園など、お金が絡む人生のイベントは、妻の入念な下調べの上で何事も無く、乗り越えていくことができました。

そんな妻に、桃音エッセンスを注入したら、瞬く間に行動を起こし始めたではないですか。

クレジットカードが変わった!

我が家では、夫婦で別々のクレジットカードを持ってました。公共料金はわたしのカードに支払いを集約、家庭の買い物も出来る限りわたしのカードで支払いをしてましたが、一部妻のカードで支払うこともあり、貯めているポイントが分散していたんです。

ある日突然、「クレジットカード変えるから」と言い出して、入念に下調べを始めました。

どうやら桃音効果が出ているようだったので、率先して家事を手伝い、彼女の勉強のアシストをしました。

その数日後、リクルートカードプラスが送られてきました。

このカードを選んだ理由は、

還元率がよく、夫婦で同じカードでポイントが貯めれる点だそうです。

ちょっと面倒ではありましたが、旧カードからリクルートプラスへ公共料金の支払いを変更して、我が家のメインクレカはあっという間に変わったのです。

NISAの口座を開いた!

また別の日に会社から帰ってくると、リビングにこんな雑誌が置いてありました。

NISA

桃音効果、恐るべし。

NISAについて、勉強するのかなと思っているうちに、SBI証券から口座解説の案内が届いてました。

この雑誌もSBI証券押しだったので購入したそうです。これから運用をコツコツとはじめることにしたんです。

妻の行動力が加速しており、桃音さんの行動力がまるで乗り移っているかのよう。

彼女は来週から週2で介護の資格の勉強のため、学校に通うんです。

こりゃ、旦那も仕事にブログに、打ち込まないといけないですね。

さいごに

ももねさんのブログを紹介してから、2人でももねいろの記事について話す機会が増えました。同時に2人で家の事について話す時間も増えました。

妻曰く、

ただのお金のブログ(節約や貯金など)だったら、読んでない。

自分と同じ主婦で、子どもを育てながら、働きながら一生懸命お金を貯めようとしている所が魅力的だし、とっても参考になる。

といっておりました。

余談ですが、記事を書いているイメージとこのツイートのギャップがなんともいえないんですよね。

いつかお会いして、お酒をご一緒してみたい方です。

こんな不安定な時代だからこそ、夫婦で手を取り合って、家庭を守っていかなくてはならない。

家計に悩む家庭は、桃音さんのブログ「ももねいろ」を夫婦で読むべし!

では!

【完全ガイドシリーズ074】NISA完全ガイド (100%ムックシリーズ)
晋遊舎 (2015-02-19)
売り上げランキング: 95,834

更新情報はこちらからチェック!

feedlyでRSS購読

Twitterで購読

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。