山形・冷たい肉そばを道の駅河北 ぶらっとぴあ・みはらし食堂で食べたよ

スポンサーリンク

無類の麺好きを豪語している僕ですが、今までに食べて麺の中でも、もう1度食べたいと思ったのが、山形の冷たい肉そば。

数年前に、山形が地元の友だちに連れて行ってもらって食べた「肉そば」が忘れられなくて、せっかく山形まで足を延ばしたので、食べにいってきました。

スポンサーリンク

そもそも肉そばって何?

肉そばというと、肉そばけいすけのようなラーメンを想像する人もいるかもしれませんが、いわゆる日本蕎麦+お肉です。

NPO法人かほく冷たい肉そば研究会のサイトによると、

鶏ダシで醤油味の、冷たい汁そばです。

肉といっても、豚でも牛でもなく、鶏肉(親鳥)を使っています。コクのあるダシに負けないようなコシの強い田舎蕎麦が特徴。そばの上には、コリコリとした食感がくせになる『親鳥』と小口切りの『ねぎ』がのるシンプルかつ奥深いそばです。

素朴でありながら一度食べるとまた食べたくなる・・・長い間地元の人々に愛され続けてきた故郷の味です。

有名なお店は、一寸亭や、いろはなんですが、今日はゴールデンウィークの真っ只中。どこのお店も数十人の長蛇の行列・・・。さすがに並ぶ勇気も時間もなかったので、道の駅かほくにあるみはらし食堂で、「肉そば」を堪能してきましたので、ご紹介しますね。

道の駅河北 ぶらっとぴあ みはらし食堂の肉そば

▷河北町の幹線道路である287号沿いにある道の駅河北。最上川や周辺公園が一望できる、コンパクトな道の駅です。

▷こちらの3階にみはらし食堂があります。

▷食堂の3面がガラス貼りになっており、店名の通り、見晴らしがいいです。眼下の最上川は日本で7番目の河長です。

▷食堂の名の通り、定食も充実してますねぇ。

▷でもやっぱり「肉そば」を頼んでる人が多いですね。

▷河北満喫セットもかなり惹かれたけど、自制。

いざ、肉そばを食べるぞ!

▷さてさて、肉そばが来ましたよ。

▷鶏肉とネギだけのシンプルな具材。

▷いい景色を見ながら食べる肉そば、サイコーです。

▷このお肉がコリコリして、食感もよし。

▷お蕎麦にからむスープの脂がまたよし。スルスルっと胃袋へ吸い込まれていきます。

▷この透き通ったスープ。見た目よりさっぱりしていて、ついつい飲み干しちゃう。

ごちそうさまでした。うー、もう1杯食べたい。

さいごに

全国的にはまだ知名度があまりない肉そばなのが、ちょっと悔しい。

ホント、うまいからぜひお近くにお立ち寄りの際は、食べてみてください。有名店もいいですが、みはらし食堂は行列まではできていなかったので意外と穴場なのかもしれません。

余談ですが、お会計に電子マネーが使えたのはかなりポイント高めです。

■公式サイト
  道の駅河北ぶらっどぴあ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。