お風呂を嫌がる魔の2歳児もニッコリ!楽しくお風呂に入る方法

スポンサーリンク

昔は楽しくお風呂に入っていたのに、ある時からお風呂嫌いになったうちのムスメ。

今は2歳ということで、絶賛イヤイヤ期の真っ最中。この時期は何にでもイヤイヤなのに、それにお風呂も加わるなんて、目の前が真っ暗になって絶望しそうになりました。

そうはいっても子どもを風呂に入れなきゃならん。妻と一緒にどうやったらお風呂に入ってくれるか、試行錯誤した方法をご紹介します。

スポンサーリンク

お風呂がイヤになるのにも理由があるはず

これだけお風呂をイヤになっているのには、親が気づいていなけど、理由があるはずですよね。だって今までは楽しく入っていたのだから。

思い当たる理由を挙げてみると、

  • シャンプーが目に染みた
  • 湯船のお湯が熱かった
  • 足を滑らせて転んで泣いた
  • 頭をゴシゴシ拭かれるのがイヤだ
  • 楽しく遊んでいるのに、お風呂なんかに入りたくない

こんなところでしょうか。

イヤなことがあって、お風呂がキライになっているですよね。

だったら、お風呂を楽しい場所に変えてあげればいいんです。

お風呂が楽しくなる方法

我が家流のお風呂が楽しくなる方法をご紹介します。まだ試行錯誤の真っ最中なので、よかった方法があったら、後日追記しますね。

お風呂掃除から一緒に

急にお風呂に入ろうと誘うより、お風呂掃除から一緒にやると、入ってくれる確率が増します。

一緒にお風呂掃除をしながら、お風呂にお湯がたまっていく様子をしばらく一緒に見ていると、子どももお風呂に興味をもってくれるようになります。

興味をもってくれたら、もうこっちのものです。お風呂もキレイにおそうじしたから、◯◯ちゃんも体をキレイにしようね♪で、楽しくお風呂に入ってくれますよ。

お風呂でシャボン玉やるの?

シャボン玉ってお外でやるものだと思っていませんか?妻がお風呂にシャボン玉を持ち込んでいたのを見た時には、オイオイと思いましたが、非常に食いつきがいいんでビックリしました。

最後に洗い流してしまえばいいだけなので、何の問題もありません。お手軽アイテムです。

子どもはシャボン玉大好き。2人で夢中になっているとあっという間に時間が過ぎていきますよ。

ビニール袋&楊枝

スーパーでお肉や、お魚を入れる透明のビニール袋と楊枝をお風呂に持ち込みます。

ビニール袋にお湯をたくさん入れて、子どもに楊枝で穴を開けさせるんです。そうすると穴からお湯がシャワーのように出てくるので、子どもも大喜び。

飽きてきたら逆に子どもお湯を入れたビニールを持たせて親が穴を開けて、楽しみましょう。

コレ、意外とハマりますよ。

お風呂で大合唱

うちのムスメは歌を歌うのが大好き。機嫌がいいとずっと1人で歌っていることもあります。

お風呂に入る前に機嫌よく歌っていると、必ずお風呂を嫌がります。その時はiPhoneで歌を流しながら、ジップロックにiPhoneを入れちゃいます。

そのiPhoneを持ってお風呂場で音楽を流していると、必ずお風呂に入ってくれます。

あとはお風呂の中で、親子一緒に大合唱。エコーがかかっているような感じで、子どもも非常に楽しんでくれますよ。大人だってお風呂で歌うの気持ちがいいもんね。

まとめ

子どもってすぐにスキになったり、キライになったりします。でもキライになっていることも、楽しい、面白なぁと思うと、すぐにそれがスキに変わります。

親に余裕がなくて思い通りにお風呂に入ってくれないと、イライラ。気持ちはよくわかります。

今は悩んでいることでも、後で思い返すと意外と楽しい思い出になってることもしばしばあります。そんな時にこの記事がお役に立てればうれしいです。

さて、今度はどうやって楽しくムスメとお風呂に入ろうかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク