[ü] 新しいMacBookは最高の入力デバイスになるのかな

スポンサーリンク

どうも、Totty です。

Appleが新製品発表イベント「Spring forward」にて新しいMacBookが発表されました。

事前情報で(Apple) Watchがメインになると言われてましたので、正直時計は興味薄だったんです。なんでリアルタイムで見るつもりではなかったんですよ。

でもうまく寝付くて気がつくと深夜2時。iPhoneでベットでゴロゴロしながら見はじめると・・・

そこで発表されたMacBookに大興奮!ツイッターのフォロワーさんのツイートにも後押しされ、Apple Watchの頃には力尽きて寝てしまいました。

あのツイッターのタイムラインの盛り上がりは何度経験しても楽しい!

スポンサーリンク

「削ぐ力」を感じたMacBook


MacBook

薄さ13.1mmに、重さ920gの12インチのRETINAディスプレイ。このためにキーボードや、バッテリー、トラックパッドなどがリデザインされました。またノート型Macでは初のファンレスも実現。

薄さ、軽さを求めるが故に、電源や周辺機器接続をUSB-Cに統合。
USB-C

狂おしいまでの拘りには、「削ぐ力」が強く、強く感じられました。

最高の入力デバイスになるのか


プライベートでiPad mini、会社でiPadを使ってます。やはり入力は実際のキーボードには敵わないです。あのタッチしてる感じとか、キーボードを叩く音が奏でるリズムとかね。これらは閲覧に特化したデバイスですからね。

そういう意味では今回のMacBookは最高の入力デバイスになるのではないのでしょうか?

iPad Airと外付けキーボードでガシガシ文章を書いている人にとっては最高の入力デバイスになりますよね。

スタバでのドヤラーが増えそうです。ゴールドあたりでカマすのが良さそうです。

私もスペースグレーあたりでドヤ顔しながらブログ書きたい!コーヒーをこぼさないか心配で全然触れられない。なんて妄想くらいは自由だよね。

さいごに


自分にとってマストバイかといえば、そうでもないんですが、明らかにハートがキュンキュンするあたりを突かれましたよ。

とっても魅力的な商品ですので、早くで店頭で触れてみたいと今からワクワクしてます。

誰か買ってくれないなぁ。

では!

スティーブ・ジョブズ(1)
講談社 (2013-08-12)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク