上司とのランチで心がけたい5つのポイント

スポンサーリンク

上司とのランチ、楽しい?憂鬱?

私はサラリーマン生活も長いのでいろんな上司がいました。アツアツのラーメンのように仕事論を語る人、デザートのようにあま〜い、あま〜い、オネーチャンとの自慢話をする人、激辛麻婆豆腐のように説教をする人など。

そんなたくさんの上司を見てきた私がランチで心がけたい5つのポイント教えます。

スポンサーリンク

1.誰よりも気遣い


気遣いのできる人間は上司だけでなく、異性にもモテます。あなたのさりげない気遣いで上司もきっと気持ちよく食事ができるはずです。上司を恋人のようにもてなしましょう。

メニュー、割り箸、醤油。上司がサッと出されて気持ちのいい3大アイテムです。食事中はお茶や水の残りにも気遣いを。おかわり自由なお店なら、ごはんもね。

できることはたくさんあります。要は自分がやってもらったら気持ちいいなぁと思うことをやればいいんですよね。

私は必ず食事が終わった後は「楊枝、使います?」って聞きます。例外なく、上司は楊枝が好きです

2.同じものを頼む


次から次と降ってくる仕事。これがいい、あれがいいと仕事は選べません。だからこそ、ランチくらいは好きなものを食べたい!うん、気持ちはわかりますけど、我慢も必要。明日だって、あさってだってあなたの好きなものは好きなときに食べられるのだから。

上司と同じメニューを頼むこと、これが1番大事です。

同じにメニューしておくと何かと好都合なんです。みんながみんなバラバラのメニューを頼むと、出てくる順番が前後してしまう。先に自分のが出てくると、ちょっと気まずい。同じものを頼めば、だいたい同じタイミングで出てくるもんです。

あと食べるペースも合わせましょうね。先に食べ終わって手持ち無沙汰になるのはNO GOODです。

割り勘にした時も同じ料理なら計算がしやすい。最近だと個別会計お断り、みたいなお店もありますからね。

とはいえ、何度も上司と同じお店に行ってるとメニューが固定化されます。

今日くらい別メニュー食べたい時は、意を決して先制攻撃。

「今日、サバ定、挑戦しますけど、同じのどうですか?」

「あ、俺、魚ニガテなんだ・・・。」

そういう時は、上司が大好きな同じハンバーグ定食にするしかないですね。次からは2度と魚を出す店に近づいてはいけません。

3.質問上手になろう


上司は自分の話をするのが大好きです。

仕事の話を振るのもいいですが、説教という返り討ちに合う可能性もあります。

仕事の話をするんだったら、苦労した話を振ってみては?苦労話、昔話は上司の大好物です、ハンバーグ定食のようにね。

お子さんがいるようなら、お子さんの話はテッパン。いいパパをしている話を引き出しましょう。

「仕事もできて、ご家庭でもいいパパ。奥さんもお子さんも自慢のお父様ですね。」とキリッとした顔で上司の目をみていいましょう。ほぼ100%おごってもらえます。

おごってもらえるのはハンバーグ定食ですけど。

サバ定食は来週にでも、同僚と食べて下さい。いったいいつまでハンバーグ定食をひっぱるんでしょうか。

4.報連相の「相談」はランチで


上司は相談されるのが大好きです。

でもね、ただ漠然と相談するのではダメです。「仕事で悩んでいる内容+自分ではこうしようと思ってるんですけど」的なことを織り交ぜる必要があります。上司は自主性のある部下が大好きです。

「こういうことで悩んでいるですけど、上司が若手の頃はどうやって解決しましたか?」って聞くのもいいですね。武勇伝を引き出しましょう。ランチタイムが武勇伝で終わる可能性も秘めてますがね。

報連相の「相談」はランチがうってつけです。

5.ゴチになるときのお礼は2回


気前のいい上司ならたいてい昼飯代くらいはごちそうしてくれます。これが、飲み会となるとそれなりに人数も集まるので、なかなかそうはいかない時もあるけどね。

上司が伝票を持って席を立ったら、ゴチの合図です。伝票を持たなかったら割り勘です。

ゴチのサインが出たら、レジに着く前に財布から千円札を取り出しましょう。そのときに「今日はいいよ。」と言われたら、必ずその場で「ごちそうになります!」と店内に響き渡らんばかりの元気なお礼を。

上司がお会計している間に店の外に出て、最後に再度お礼。

これくらいが気持ちいいと思います。部下がいる方、いかがでしょうか?

さいごに


心理学で食事は「緊張を緩和する効果」があると言われてます。リラックス状態にあるということですね。ランチは上司との距離を縮める絶好の機会です。

昼休みぐらい1人でサバ定食を食べたい、仲の良い人たちとワイワイ、サバ定食を食べたい。それもいいでしょう。

変にヘコヘコすることはないですが、ランチで上司のプライベートを垣間見たりするのも楽しいものです。仕事に対する有益なアドバイスをもらえたりするかもしれません。

さぁ、今日のランチは上司と食べに行ってみませんか?

しつこくて、ごめんなさい。サバ定食のクダリ、実話ですから。

では!

※最近検索経由でよく読まれている記事でしたので、加筆・修正してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。