本を買わせるのではなく、読者へ作品を読む理由を提供する #きんどう本

スポンサーリンク

きんどう(@zoknd)さんのKindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話を読みました。

Kindleに関しては、それなりの量を記事にしているいるので、前から気になっていた本です。きんどるどうでしょうというサイトの裏側を垣間見ることができます。

Amazonの紹介文が、きれいにまとまっていたので引用します。

「売らねば死ぬ、Kindle本のアフィを生活の糧になんとか1000日。日本で恐らく唯一、電子書籍の実売だけで食っている個人が電子書籍担当者のために書いたメディアづくりの実践本」

ブログを書くものとしても、参考になる点が多かったので、ご紹介します。

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
きんどう (2015-08-29)
売り上げランキング: 2,174

スポンサーリンク

SNSへの誘導で読者との距離を縮める

本の冒頭に、この本の感想を、ハッシュタグをつけてツイートしてくださいという文があります。電子書籍とシェアの相性はバツグンですからね。

きんどるどうでしょうの中の人の本を読み始めました #きんどう本

このあたりはとってもうまいし、面白い。KindleユーザーはそれなりにITが身近な人も多いので、本の反響もリアルタイムで把握できるし、何よりも読者との距離を縮められる。

読んでいる方も、ハッシュタグをたどればどんな感想が書かれているかもわかるので、楽しい。

また距離感については、こんな記述も。

読者に近いメディアづくりは中の人感を前面に押し出すことで成立させています。ツイッターを使ったリアルタイムの返信や、積極的なコミュニケーション、記事のリード文で喜びやボヤキをいれて、良い意味で読者から親しみやすい信頼できそうという立ち位置にいます。

ブログを書く人にも参考になりそうなノウハウです。読者に近いメディアにはファンが多くつきやすんですね。

ツイッターは常時監視してメンションやタイトルなどのキーワードに反応する即レスの精神が重要です。とにかく、序盤は速度が命です。もちろん、中身の無いプレスリリース紛いの記事でお茶を濁すのは読者のためにならないので、とにかく魂を込めていきましょう。

この即レスって、当然ファンをつける1つの手段だと思うんですけど、メリットってファンを獲得するだけでしょうか?

いや、コレは憶測にしかすぎませんが、メディア運営に置いて、内容の軌道修正が図れることと、モチベーションのUP、その2つの側面が大きいのではないでしょうかね。

更新こそ人生。カッコイイ!

売らねば死ぬ、Kindle本のアフィを生活の糧にしてるだけあって、言葉に重みがあります。

二、三日に一記事? 土日は休み? 何年かけてメディアを成長させる気ですか。一日でも早い成長ペースに乗せるために、序盤に地獄を見たほうが後からサイト運営は楽になります。息をするように更新しましょう。更新こそが人生です。

更新こそ人生。あーでもない、こーでもないとウンチクを披露している人、批判ばかりしている人、メディアを運営したことがない人には言えない重み、深みがあります。

とにかく毎日たくさん更新。そうすれば日に何回も見てもらえるかもしれませんし、内容が充実すればするほど「きんどうだけでいいや」なんて思ってもらえますからね。この辺りの戦略は2ちゃんねるまとめサイト作りとよく似ています。

僕も、ブログを毎日更新してますけど、まさにこれなんですよね。

接点活動を増やすことは、いいことしかないんですよね。

僕は「営業」に仕事をしているんで、身を持って体感しているんです。

確かに質を上げることも大事なんですが、量をこなすことに勝る方法はないんです。そして誰でもカンタンにできる方法論ゆえに、継続が難しい。

これは背中を後押しされたようで、うれしかったですね。自分のやっていることとラップして、自分のやっていることの確認作業。これも読書の楽しさですね。

さいごに

Kindle本の紹介というと、とかく販売することだけに目が向きがちです。僕もAmazonアフィリエイトリンク貼ってますから、売りたいという強い気持ちがあります。

うちは本を選ぶ・読む行為をそのものを読者に面白いと感じてもらって電子書籍を効率よくたくさん売って儲けるメディアというアプローチをやっています。

本を買わせるのではなく、読者へ作品を読む理由を提供するのがこの取り組みの目的です。

モノを売ることの本質を突いてますね。僕のブログも「理由」を提供できるブログにしたいです。

これからもきんどるどうでしょうを応援するとともに、Kindle本好きとして、電子書籍も盛り上がっていくことを期待したいと思います。

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
きんどう (2015-08-29)
売り上げランキング: 2,174

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。