[iPhone/iPad] Kindleアプリのハイライトを使って、三色ボールペン読書を取り入れる方法

スポンサーリンク

アイキャッチ

どうも、Totty です。

右手にスタイラス、左手にiPad mini with kindleアプリ、そして眠気覚ましのミンティア。最近の通勤スタイルです。

もし電車の中で、このような風体のおっさんを見たら、そっと温かく見守ってあげて下さい。

そのおっさんは眠気、疲れと闘いながら、本を読んでいることでしょう。

今日は、そんなおっさんがKindleでの電子書籍を読む際に、三色ボールペン読書を取り入れる方法のお話。

スポンサーリンク

ジェットストリームスタイラスでハイライトを引きまくれ!

こちらが愛用しているジェットストリームスタイラス。

簡単にいうと、ボールペンの雄ジェットストリームとスタイラスの夢の共演。

定価は1,800円ですが、実売価格は1,300円前後。

スラスラとハイライトを引きまくれ!

電子書籍を読むときのマストアイテムです。

引いた文が頭にすぅ〜と入ってくる感じがして(あくまでも感じ)、心地いいのです。

お値段以上、ニトリです。スタイラスは結構値段が高いモノもあるからねぇ。

▷参考

ジェットストリームの滑らかさをiPhone・iPadでも!ジェットストリーム スタイラスがすばらしいぞ

三色ボールペンでの読書術はスゴい

三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)
斎藤 孝
角川書店
売り上げランキング: 211,228

斎藤 孝さんの名著「三色ボールペンで読む日本語」の3色ボールペンを使った読書術の修行中でございます。

1.青(客観重要)まあ大事

2.赤(客観最重要)客観的に見て「すごく大事」

3.緑(主観大切)自分が勝手におもしろいと感じる所

こんな風に三色で、文章に線を引きながら、読み進める読書方です。

はじめは効果に半信半疑でした。

でも、使ってみると、読書に対する集中力が増して、文章が立体的に捉えられる気がします。

日々三色ボールペンの読書を修行中でございます。

三色ボールペン読書術をKindleでも使いたい!

最近Kindleのごっついセールがあったりして、Kindle本も消化不良気味・・・。

そのKindle本で、三色ボールペン読書術をしようとすると、ちょっとした問題が発生します。

ハイライトの色

ハイライトの色が青・赤・緑に対応していないんです。

緑だけがないっ!惜しい!

そこで、緑色だけKindleアプリの色に合わせます。

ハイライトを引く基準も自分なりに少しアレンジしてます。

赤→ピンクあとで赤だけ読んだら、要点がまとまる所

青→青具体例、例え、脱線以外の本文に関わるまぁまぁ大事な所

緑→黄色なんか気になる、楽しい、ツッコミたい所

こんな感じで読書してます。

ハイライト

これで電子書籍でも、ハイライトを活用して、三色ボールペン読書術が利用できるようになりました。

まとめ

3色ボールペン読書術に出会ってからより読書に集中できるようになりました。

今回はKindleのハイライトを使って、3色ボールペン読書術を電子書籍にも取り入れてみました。

Kindleとスタイラスの組み合わせもいいですよ。

今後の課題は、()や☆などの記号を電子書籍上に書き込めたら最高なんだけどなぁ。

これからも試行錯誤してみたいと思います。

では!

更新情報はこちらからチェック!

feedlyでRSS購読

Twitterで購読

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク