ブログを毎日更新するようになったいくつかのきっかけを話そう

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも、Totty です。

ブログを毎日1記事更新を目標にして書いてます。

ネタがつきそうなこともありますが、なんとか連続更新を続けてきました。

毎日更新って想像以上に大変でした。

スポンサーリンク

急な飲み会の誘い


先ほど仕事がひと段落して、帰ろかなと思った矢先、

上司から「飲み行くぞー!」の大号令。

今日の更新は帰宅してから書こうと思ってたので、あと15分で書き上げなくてはなりません。酔ってると書けないから。

なぜ毎日更新にこだわるか?


そんなに自分の時間を削って毎日更新にこだらずに、好きな時に更新すればいいじゃんという意見もあるでしょう。

むやみやたらに更新するより、質のよい記事を書いたほうがいい。そんな意見もあるでしょう。

思えば、次の2人のブロガーの影響で毎日更新をしようと決めたんです。

ネタフルのコグレマサトさん


1人目はネタフルのコグレマサトさん。

ブログを書き始める前からネタフルはよく読んでました。コグレマサトさんのとあるインタビュー記事より。

「楽しむことで続けられる」とコグレ氏はアドバイスする。著作『マキコミの技術』でも書いている通り、誰かに話しかけてみる、オフ会に行ってみるなど、世界を広げることを続ければ楽しさが近づいてくるのだ。「やめないでいると周りがどんどんいなくなっていき、結果的に残る。やめないでいるとトップランナーになれる

やめないでいるとトップランナーになれる。

努力を継続するのがいかに難しいかということです。

まだ東京で消耗してるの?のイケダハヤトさん


もう1人はイケダハヤトさん。

毎日更新をつづけていくと、いつしか「毎日更新するのしんどい…」から「毎日更新するのが当たり前、更新しないと気持ちわるい」に変わっていきます。オペレーションフローも整っていくので、不測の事態(時間が足りない、ネットにつながらない、体調崩して入院した…etc)にも対応できるようになっていくでしょう。

今回は「不測の事態」ってやつですね。

イケダさんの言うとおり、確かにブログ更新が習慣化してきてるので、更新するのが、当たり前になってきてます。

こうやって書く時間が限られていても対応できるろうになったし。

ぼくが信じる成功哲学のひとつは「ひたすら試行錯誤しまくったやつが勝つ(可能性が高い)」。試行錯誤の「質」も重要ですが、「回数」をこなせば勝手に質は付いてくる、という価値観です。

昨日より明日がよくなる生活を送りたい。そのためには自分が変わらなくてはいけない。

変わるためには行動をしないといけない。

そうだ、ブログの毎日更新なら自分にもできそう!

ブログって人それぞれでお金を稼ぐことが目標の人もいれば、好きなことをただひたすら書きたいって人もいる。

わたしは何かが変わることを信じて、書き続けています。

さいごにひとこと


15分で書こうと頑張ってみたけど、なかなか難しいですね。

結局、飲み会遅刻で30分かかりました。。。

では、またお会いしましょう!

武器としての書く技術 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2013-06-27)
売り上げランキング: 969

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。