[ü] ソフトバンク iPhone6/6 Plus でSoftbank 4G(AXGP)の電波か確かめるカンタンな方法

スポンサーリンク

どうも @Totty です。 今回はソフトバンク iPhone6/6 Plusの電波の話です!

AXGP対応のソフトバンク iPhone6/6 Plus

先日の記事でこんなことを書きました。 iPhone6(Softbank)はAXGP対応に。

繋がる電波の帯域が増えることはいいことですね。ただ画面上ではSoftbank 4Gとしか表示が出ないので、実際にFDD-LTEに接続されているのか、AXGPに接続されているのか判断がつきません。

Field Testモードでカンタンに調べられる!

電話の画面を開いて、”*3001#12345#* “と入力して、通話ボタンを押しマス。 Server Cell info をタップ Freq Band のIndicator の数字確認

この数字で電波帯がわかる

  • 41→Softbank 4G(AXGP)
  • 1→ FDD-LTE 2.1GHz
  • 3→ FDD-LTE 1.7GHz or 900MHz
  • これで判断がつきます。ソフトバンクの900MHz、プラチナバンドのLTEは整備が遅れているようなので掴む所はすくないかもしれませんね。

    まとめ

    普段繋がりさえすれば気にしない電波帯ですが、iPhone6、6 Plusで使える電波が増えたのはユーザーにとっては大きなメリットです。 ソフトバンクらしいのですが、プラチナLTEと言ったり、Hybrid 4G LTEと言ったりで正直ユーザーにとっては分かりづらいですね。 料金プランも横並びになり、ますます差別化が難しい携帯業界なので、今後各社がどのようにPRしてくるか注目です。 本日の記事はこちらを参考にさせて頂きました。 iPhone 6/6 PlusでWiMAX 2+やSoftBank 4G(AXGP)に繋がっているか確認する方法

    では。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で
    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です