iPhoneの通称「Dライン」が消えるかも?

スポンサーリンク

どうも、Totty です。

iPhoneがもっとカッコよくなるかもしれません。

ギズモードによると、

iPhone 6/6 Plusは丸みを帯びた筐体にデザイン変更されましたが、上下にプラスチックのラインが入っていました。これが賛否両論で、正直カッコ悪いよ…と思った人も多いかもしれません。しかし、今回Appleが申請した特許はこのラインを消し去ることができるかもしれないんです。

というニュースが掲載されてました。

スポンサーリンク

このプラスチックのライン、通称Dライン。これは、アンテナの役割も果たしてるんです。わたしはキライじゃないんですが、人によってはカッコ悪いという人もいます。

電波干渉を防止する金属の特許を取得

特許では新たな複合金属素材について説明されています。これは質感や見た目がアルマイト加工された金属にそっくりなだけでなく、電波を通すことができるんです。この新素材をiPhoneに採用すれば、あのラインは要らなくなりますね。

ということは、このラインが消えて一つの金属から削り出しようなデザインになる日も近いかもしれません。

参考▷将来のiPhone、プラスチックのラインが消えるかも : ギズモード・ジャパン

今年の9月に発売が予想されている次期iPhone6s?に間に合うのかなぁ?

またひとつ楽しみが増えました。

では、またお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク