[ü] 停電時でもIP電話を使うためにチェックしたい2つのポイント

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも Totty です。

徳島県にて大雪の影響で孤立状態にある多くの住民が、自宅がIP電話のため安否確認が取れないとのニュースが報じられてます。

情報過疎防ぐIP電話、停電で使えず…大雪孤立 : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

安否確認が取れない理由として、

一般の電話回線は、基地局から電話線を通じて微弱な電流を流しているため、電話機によっては停電しても通話できるのに対し、IP電話は、ネットへの接続機器に電力を必要とし、停電時には使えない。

があげられてます。

「IP電話=停電の時に使用できない」との認識を持たれてる人も多いかと思いますが、一度ご自宅の電話環境に関して見直しをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

いざというときのために・・・


災害時に一番困るのが「停電」。我々の生活に「電気」はもはや欠かせないインフラとなりました。

災害時に、自宅の電話が使えなくなるのは不安ですよね。家族や親戚、友人や会社の同僚から連絡があるかもしれません。

今や携帯電話もありますが、災害時に連絡手段が多いにこしたことはありません。

メタル線+黒電話で停電時でも通話ができた


従前電話回線といえば、アナログ回線と呼ばれるメタル線が主流でした。これは最寄りの基地局から宅内まで、銅線で敷設されてました。

このメタル線には微弱な電気が流れています。昔ながらのダイヤル式の電話の「黒電話」はこの電気を利用し、停電時でも通話が可能でした。

仮に停電になった場合でも、最寄りの基地局自体に通電がされていれば、ご自宅でも通話が可能でした。

ちょっと余談になりますがが、メタル線(銅線)は維持費にすごくお金がかかります。なのでNTT東西は、比較的耐久性の高い光ファイバー・ひかり電話をメタル回線から置き換えようとしている流れがあります。

今はひかり電話を代表とされるIP電話が主流になってきてます。

我が家も使用しているNTT東日本の「ひかり電話」を例に停電対策をみてみることにします。

1.電話機について


今ではほとんどの家庭では家電量販店で販売しているような電源を取るタイプの電話機を使用していると思います。

お手持ちの電話機が停電時発着信できるか?が大事なポイントです。

回線がアナログ回線でもひかり電話回線でも電話機自体が停電時に使えないと意味がありません。

下記のような、電源を必要としない電話機が安価に販売されてます。

Pioneer ベーシックテレホン ホワイト TF-12-W
パイオニア (2008-07-09)
売り上げランキング: 756

お使いの回線がアナログ回線なら、上記のような電話機があれば、停電時でも通話ができます。コードレスや留守番電話・FAXなど機能性はまったくないシンプルな電話機です。お年寄りにも優しい電話機になってます。

2.ひかり電話ルーターについて


電話機が給電不要なものを用意しても、ひかり電話に代表されるIP電話をご使用の場合は、IP電話機器にも給電の対策が必要となります。

ひかり電話を利用している場合、ルーターと呼ばれる機器で、ネットと電話に接続しています。その機器に給電がされていれば、停電時でも電話が可能となります。

下記のようなUPS(無停電電源装置)に接続したり、NTTが出している光モバイルバッテリーを接続するとそこから給電をしてくれるので、停電時でも電話ができるようになります。

詳しくはNTT東日本のサイトをご覧頂くといいかと思います。

さいごに


ひかり電話の停電対策には、電話機とルーター機器の2つの対策が必要なんですね。

我々のインフラは「電気」に支えられて生きてます。連絡手段の多くは「電気」がないとほとんど意味をなしません。

通信機器に限ったことではありませんが。電気を使わないものを見なおしてみることも必要かもしれませんね。

一度ご自宅や遠方に住むお年寄りなどの電話環境について、チェックしてみるといいかもしれません。

被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げますとともに、早い復旧を心より願っております。

ブログ更新に使用したアプリです

こちらの記事はiPhoneから更新が便利なするぷろ&するぷろーらで書きました。

するぷろ for iOS
(WordPress & Movable Type & ライブドアブログ & FC2ブログエディタ)
(¥500)

するぷろーら
(WordPress & Movable Type Support App)
(¥500)

※価格は掲載当時の価格です。

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。