熊谷・元祖田舎っぺ 珍しい塩味の「塩肉ネギうどん」は埼玉が誇るソウルフードだ!

スポンサーリンク

どうも、無類の麺好きのTotty です。

私が住んでる埼玉県のうどん生産量は、讃岐うどんで有名な香川県に次いで全国2位の座にあります。また、そば・うどん店の数も全国2位で、本州随一の「うどんの国埼玉」なのです。

▷参照:埼玉県の自慢話 – 埼玉県ホームページより

埼玉県ではうどんの有名な場所がたくさんあります。川島町の「すったて」、加須市は条例で「うどんの日」を制定、鴻巣市の「川幅うどん」、深谷市の「煮ぼうとう」などなど。また埼玉県民のソウルフードを提供する「山田うどん」の本社は所沢市にあるしね。

埼玉のうどんはもっともっと発信していくべきだな。埼玉は蛇口からうどんが出るらしいぞ!ぐらい大袈裟にPRしてもいい。このブログもうどんブログにしてもいいくらいだ。

いつまで熱くなってるんでしょうか。話を本題に戻しましょう。

そんなうどん激戦区にあって、私も大好きで足繁く通う「元祖田舎っぺうどん」をご紹介!

埼玉県内に何店舗かありますが、熊谷市内の久保島店にお邪魔してきました。

スポンサーリンク

豊富なメニュー!


メニュー1
こちらのうどんは基本的に「つけ汁」につけて食べるつけ麺スタイルです。

まずつけ汁が、冷たい汁と温かい汁から選べます。夏は冷、冬は温がオススメ。

次に具を肉ネギ、きのこ、なすからチョイスします。

続いて醤油、塩、うま辛からお好きな味を選択します。

うどんの量がもり、大もり、特大、重ね、1・2・3kgから選べます。少なめがいい方は半もりもあります。

1kgを食べてる人を見たことがありますが、かなりの圧巻デス。

メニュー2
あとはお好みでトッピングをチョイス。サイドメニューのきんぴらごぼうもオススメです。

お子様には子守りうどんもあります。ネーミングがステキ。早くうちの娘にも食べさせてあげたい。

いつも頼むのオススメのチョイスは?


私がいつも頼むのは、
夏なら冷、冬なら温ですが、

塩肉ネギの大もり+半きんぴらです。

お醤油のうどんは普通ですが、塩のつけ汁は非常に珍しいと思います。これがまた絶品!!!

また田舎っぺは何店舗かありますが、「塩」を提供しているのは、私が知る限り、今回お邪魔した熊谷久保島店と熊谷中奈良店です。全部のお店を制覇してないので他の店舗でも提供しているかもしれませんが。
▷参照:田舎っぺうどん-店舗-

早速食べてみようぜよ!


客席からうどん作りの様子が見えます。小洒落ていうならオープンキッチン。従業員の方々が一生懸命うどんをこねたり、茹でたり。そんな様子を見ていると、

半きんぴら
半きんぴら登場!

寄りめの半きんぴら
見よ、このごぼうとニンジンの太さ!かみごたえあり。少しピリリと辛くて箸が進みますよ。

きんぴらを食していると、
塩肉ネギ汁
塩肉ネギ汁が登場!湯気が出てておいしいそう!

大もりうどん
大もりうどんも登場!

汁の具
ネギのシャキシャキとした歯ごたえが小気味よいです。お肉もジューシー。澄んだスープもうんまいです。

うどん
うどんはかためで「こし」があります。お汁にどっぷりつけましょう。一気にすすると、うどんのこしと、ネギのシャキシャキ、お肉のジューシーさの三重奏。

途中で備え付けのゴマやコショウを入れて、味を変えてもこれまたうまし。

食べた後のお楽しみ


うどんを食べていると、蕎麦湯ならぬ、うどん湯が出てきます。

写真撮り忘れた(T . T)

お汁をうどん湯で薄めてすすると、これまたうまい。

1度で2度楽しめちゃいます。

店舗情報はこちら!

※掲載情報は食べログから引用させて頂いてます。最新情報は店舗へご確認ください。

さいごに


いかがでしたでしょうか。田舎っぺのうどんは根強いファンも多く、実はお持ち帰りもできます。両親や嫁さんに買っていったこともあるんですが、大好評!

仕事の同僚も連れて行くことがあるんですが、また来たい!という人が多い名店です。

ちなみに以前本庄のうどん屋「きやんち」さんの記事も書いてます。こちらもおいしい。

まだまだ埼玉にはうどんだけでなく、うまい麺処がたくさんあるはず。

あー、記事書きながらまた食べたくなってきた。じゅるり。

ぜひお近くに来た際は行ってみてください!

では!

埼玉化する日本 (イースト新書)
中沢明子
イースト・プレス
売り上げランキング: 7,806
ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく埼玉
KADOKAWA / メディアファクトリー (2014-07-17)

ブログ更新に使用したアプリです

こちらの記事はiPhoneから更新が便利なするぷろ&するぷろーらで書きました。

するぷろ for iOS
(WordPress & Movable Type & ライブドアブログ & FC2ブログエディタ)
(¥500)

するぷろーら
(WordPress & Movable Type Support App)
(¥500)

※価格は掲載当時の価格です。

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク