プロに聞いた!コーヒー豆やコーヒー粉の保存は「冷凍庫」がベスト!

スポンサーリンク

寒くなると、温かいコーヒーが恋しくなりますよね。

最近ではコンビニで手軽に買えるようになったコーヒーですが、自宅でドリップコーヒーを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

僕には珈琲店を営んでいる親戚がいます。定期的に挽いたコーヒ豆を戴くのですが、保存方法についてレクチャーを受けたのでご紹介します。

スポンサーリンク

市販のパッケージで売っているコーヒ豆(粉)には賞味期限が記載されているので、そちらを参考にするといいとのことです。

1度挽いてしまうと、時間が経てば経つほど、風味は落ち、酸化が進んでいきます。つまりは早く飲みきってしまうのがいいそうです。

コーヒーの風味が飛ばないように、なんとなく冷蔵庫に入れて保管している人もいるのでは?でもこれはよくないそうです。

コーヒーかすを生ごみの臭い消しや、灰皿の脱臭剤に使用したりと、強い脱臭機能があるコーヒー。冷蔵庫の臭いをぐんぐん吸収してしまうそうです。

ではどこに保管するのがベストなのか?答えは「冷凍庫」。

脱臭効果もゆるやかになるそうですよ。確かに冷凍庫って食材の臭いがすくないですよね。

挽いた後の粉をジップロックのような密閉容器に入れて冷凍保存しておくといいそうです。

豆のままであれば3か月位、挽いた粉だと1ヶ月くらいがおいしく飲める目安だそうですよ。

ちょっとしたお役立ち情報でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。