大掃除は「掃除」からやるべからず!

スポンサーリンク

今年こそは気合いを入れて大掃除するぞ!と意気込んでいる人も多いかと思います。

その意気込みで大掃除に取り組むと挫折しちゃうかも。

誰にでもできるカンタン4ステップを踏むことで、年末の大掃除が捗ることでしょう。

スポンサーリンク

大掃除は「段取り」が9割


多くの人が大掃除というと掃除から始めるのが当たり前だと思ってます。

年末休みに入って時間も取れるからおもむろに掃除をはじめる。これ、合ってるようで1番ダメなパターンです。

何がダメかというと・・・

掃除をしはじめるとモノを移動させる必要があるんで、そのうちに掃除ではなく、整理や整頓が始まります。

年末でゴミ収集も終わってるから結局大量のゴミとともに新年を迎えることになる。本末転倒です。

とにかく「掃除」から始めるのはやめましょう。

それでは4ステップをご説明しましょう。

1.今年最後のゴミ収集日を確認しよう


我が家では11月終わりに大掃除のスケジュールを組みます。

スケジュールっていってもそんな大げさなことをするわけではありません。嫁さんとお茶でも飲みながら、12月のゴミ収集日を確認し、カレンダーに書き込みます。

この期日までにゴミを出さないと、ゴミとともに新年を迎えることになるわけですから逆算ができるわけです。

2.いるものといらないものを分ける


ゴミを出す期限が分かったら、ゴミを捨てるための準備=いらないモノの仕分け作業をやりましょう。

このステップでは、とにかくいらないモノ・いるモノに分ける作業に集中します。

この作業での落とし穴に注意

思い出にひたらない
モノを見ていると思い出に浸ってしまいますよね。でもここはぐっと我慢。目安は直近1年間で使わなかった物はバシバシ捨てるとしましょう。

どうしても思い出に浸りたいものが出てきたら、「思い出BOX」でも作ってその中にいれておきましょう。

掃除はしない
モノを整理してると汚れが気になります。今回は完全に無視します。汚れを落とすのは最後のステップにやりましょう。

モノの配置も変えない
この作業では置く場所も考えたくなりますが、これも今回は無視。ひたすら捨てるモノを選ぶ作業に終始して、元の位置に戻します。

この作業が終わるといかにいらないモノが多かったか実感できると思います。

どうせなら売れるものはリサイクルショップへ


我が家では売れそうな物はリサイクルショップへ持っていきます。

この時期、洋服の夏物は買い取りできず返却されてしまいます。

理由を聞くと、お店としてはこの時期店頭に置いても売れないので、置き場所に困るそうです。

また女物の洋服の返却が多いんですよね。女性客は傷や汚れをシビアに見るとのなので買い取り基準も厳しいようです。ふむふむ。

とはいえお店ではきちんと査定してくれるので、持ち込んでみるといいかと思います。

ゴミに出せば0円だけど、売ればいくらかのお金になります。頑張ったご褒美に家族とケーキでも食べましょう。ゴミ捨ての手間も省けて、リサイクルでエコ。いいことづくめですな。

3.必要なものを配置する


もうあなたのお家には、必要なモノしかないはずです。あとはそれをどのように配置するかです。

よく言われることですが、使用頻度の高い物は近くに置きましょう。使用頻度の低いものは収納へ。

不要な物がだいぶ減っているのでそんなに時間がかからないはずです。

4.お掃除する


あとは汚れが気になる部分をお掃除しましょう。

必要なモノがしかるべき位置にあると、移動しやすいため、掃除もしやすいはずです。

また何より「掃除」をすることに集中できますよね。



さいごに


日本には年末に大掃除をしてきれいになったところで新年を迎えるという素晴らしい習慣があります。

ただ「大掃除」という言葉があるがために、「掃除」に意識が行きがちです。しかし考えてみれば当たり前なんですが、上記のようなステップを踏むことで効率よく大掃除ができます。

また完璧さを求めると挫折してしまうこともあるかと思うので、気楽に楽しくやりましょう。

忙しい時は、家事代行サービスを利用するのもテですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。