フレッツ光利用者なら知っておくべき光コラボレーションとは

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも、Totty です。

今年の通信業界をにぎわすであろう光コラボレーションについてまとめてみました。また新たなビジネスモデルが登場するかもしれません。特にフレッツ光の利用者の方は必見です。

最大69,000円割引!So-net光コラボレーション

スポンサーリンク

光コラボレーションとは?


光コラボ
NTT東西が光回線をプレイヤーと呼ばれる事業者に卸売りをし、その事業者が独自の光回線サービスとして販売するものです。光回線の卸売サービスは世界初だそうです。

企業が自身の提供商品+光回線をセットで提供できるようになるんです。

今年1年は通信業界は波乱の年。メディアには「光コラボ」の文字がさかんに出てくることが予想されます。早めに押さえておきましょう。

ちなみにスタートは2015年2月1日から。もうすぐです。

最大69,000円割引!So-net光コラボレーション

どんな事業者が参入してくる?


ビル
分かりやすいのは、携帯キャリアやプロバイダでしょう。

携帯キャリアなら携帯電話とセットで光回線を販売する。KDDIが先行して好調だったスマートバリューのようなセット割を出してくるものと思われます。

プロバイダは、光回線と接続サービスのセット割がメインになるかと思います。場合によってはMVMOの携帯なんかもセットにしてくる可能性があります。

あとは家電量販店ですかね。当然PCをメインとした機器とセットで光回線を販売するでしょう。

不動産業界が、戸建て・マンション・賃貸物件と一緒に回線を販売してきたりするかもしれません。

医療機関が、健康管理や食事管理サービスと回線をセット販売することだってできるでしょうし、警備会社が離れて住んでいる高齢者の見守りシステムの通信に必要な回線を販売することもできる。

今回の光コラボは業種・業態・規模を問いません。きちんとNTT東西と秘密保持契約(NDA)を結び、認可されればサービスを提供できます。

我々の想像をはるかに超えるコラボレーションが生み出されるかもしれません。

最大69,000円割引!So-net光コラボレーション

利用者のメリット


やったー
利用者のメリットは多数の事業者が参入することによって価格競争が起こるということです。卸売価格は公平にするそうですが、肝心の卸売価格が安くないと大きい価格競争が起こらない可能性が出てきます。

ただし購入金額が大きい物とセットの場合だと少し様変わりするかもしれません。住宅や、車、産業機器のような高額商品は永年・一定期間無料などのサービスも出てくるかもしれません。

請求関係がNTT東西から出ていたものが、プレーヤー1本でまとまるというメリットもありますね。

最大69,000円割引!So-net光コラボレーション

プレーヤーは「転用」を狙う


風景
一方プレーヤーが狙ってくるのは、「転用」です。これはエンドユーザーの利用形態を変えずに、契約形態をプレイヤーに変更できることです。分かりやすくいえば、既存の光回線の請求をNTT東西からプレーヤーが分捕ることができます。利益はともかく売上は回線分だけ上がるわけです。

つまり、早いもの勝ちで回線まわりを分捕る必要があるんです。回線を抑えてしまえば、そこにいろいろな付加価値をつけて、商品がPRできる。土地さえ手に入れてしまえば、そこに建物を建てようと、土地を貸そうと、自由にできるわけのと同じ理論です。なのでこぞってこの「転用」を取りに来る企業が増えることが予想されます。

新規開拓は携帯インフラの高速化もあり、なかなか厳しいので、NTT東西合わせて1800万件を超す既設光回線の「転用」が各社の狙い目になることでしょう。

最大69,000円割引!So-net光コラボレーション

携帯キャリアは空中戦から地上戦へ


携帯
私が個人的に注目しているのが携帯3キャリアの競争激化。

ネットと携帯のセット割「スマートバリュー」で大きく契約を伸ばしたKDDIは自社の光ブランドとNTT東西の光ブランドの二刀流で攻めてくるかもしれません。

新料金プラン「通話定額」で減収減益の辛酸を舐めたドコモはすでに、「ドコモ光」のブランドネームで反撃を仕掛けようとしています。

かつてADSLで日本の通信業界に楔を打ち込んだソフトバンクも黙っていないと思われます。

3社の競争は激化することは容易に想像できます。

今までは携帯の「空中戦」でしたが、いよいよ地上の光回線も巻き込んだ「地上戦」が始まります。

まさに陣取り合戦の火蓋が切って落とされようとしています。

最大69,000円割引!So-net光コラボレーション

落ち着いて各社の動向を見極めよう


見極める
上記のように各事業者が自社サービスと組み合わせて商品を提供してきます。

すでにいくつかのプレーヤーは2月1日を待たずして、サービス内容や料金プランを発表しています。

ダイレクトメールやEメール、訪問営業や電話営業、量販店での拡販PRが多くなると思いますが、「セット割で安くなるから」といってすぐに飛びつくのはやめたほうがいいですね。

コストも大事ですが、契約の諸条件をきちんと理解すること。プレーヤーが提供するサービスが自分のライフスタイルに合っているかなど、きちんと吟味することが必要になるかと思います。

しばらくは多くのプレーヤーが期間限定での特典をつけてくることも予想されます。

最大69,000円割引!So-net光コラボレーション

さいごに


私が利用している某プロバイダからはさっそく案内のメールが来てました。確かに毎月の料金はおトクになるんですが、各社どのようなサービスを出してくるか、見極めながら検討してみようと思います。

当ブログでは、これからも「光コラボ」について注目していきたいと思いますので、よかったらFeedlyやTwitterなどで更新情報をチェックして頂けるとうれしいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。