[ü] 桜はピンクだけじゃない!緑の花を咲かす「御衣黄(ぎょいこう)桜」を知ってるかい?

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも、Totty です。

わたしの周りでは桜もすっかり散ってしまってすでに葉桜。あんなに燃えるようなピンク一色から一変、なにか物悲しい日々を過ごしてます。

桜色って言葉があるくらいだから、桜といえばピンク!なんて思いこんでる人、緑色の花を咲かす桜があるのを知ってますか?

スポンサーリンク

緑の桜、不思議な感じ


御衣黄(ぎょいこう)桜という桜があります。

江戸時代に、京都の仁和寺で栽培されたのがはじまりと言われてます。

花が咲くのはソメイヨシノより遅く、4月の下旬ごろ見ることができます。

遠くから見ると「葉桜」に見える。まだ7分咲きくらいかな。
御衣黄1

近くに寄ってみると、確かに緑色。雅ですなぁ。
御衣黄2
貴族の衣服の萌黄色に近いため、御衣黄と呼ばれるそうです。なんとも趣のある名前ですね。

後ろにはもう散ってしまったソメイヨシノ。
御衣黄3

このあと次第に中心部から赤みが増してきて、散る頃にはかなり赤くなるそうです。

なんとも不思議な魅力のある桜です。

どこで見ることができるの?


検索してみたら、こちらのサイトに緑の桜の所在地が掲載されてます。

わたしは近場の公園で咲いてるのを見てきましたが、みなさんも機会があれば、足を延ばして見に行ってみてください。

なかなか風流な桜です。

では!

一度は見たい桜
一度は見たい桜

posted with amazlet at 15.04.12
森田敏隆 宮本孝廣
光村推古書院
売り上げランキング: 74,917

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク