埼玉グリコピアイーストはポッキーやプリッツの製造工程を見学できる!無料で工場見学・おみやげももらえるぞ!

スポンサーリンク

ポッキー、ビスコ、プリッツ、カプリコ、パピコ、といえば、グリコの商品。大人も子供も大好きなお菓子やアイス。

これら商品たちはおなじみですが、実際の製造工程を見学したことのある人はあまりいないのではないでしょうか?最近流行りの工場見学で、埼玉県北本市にあるグリコの製造工場「グリコピア・イースト」に行ってきました!

グリコピアは工場見学とミュージアムが合体したユニークな工場見学施設でした。

スポンサーリンク

人気の製造工場・要予約デス

グリコピア・イーストは飛び込みで行っても、見学できません。事前に予約が必要です。

予約方法

・要予約。入館および見学には、インターネットまたはお電話でご予約が必要です。定員となり次第締切りとさせていただきます。

・キャンセル待ちは受け付けておりません。ご了承ください。

・ネットでの予約可能人数は2名~14名となっております。

・当日のご予約及びキャンセルはお電話でのみ受け付けております。

・15名以上の団体予約、車イス・手押し車などお足元の悪い方がいらっしゃる場合は、電話でのご予約をお願い致します。

予約について詳しくはコチラ!

予約を取るのはすごく難しいようです。今回は地元の子育てサークルのみんなで行ったので、幹事さんにお任せだったのでラッキーでした。

グリコピアイースト

大きな看板が入口で出迎えてくれます。
看板

大っきな工場です。ワクワク。
大きな工場

外には日本を縦断したグリコワゴンがありました。ポップな色使いが特徴ですが、アレアレ?
グリコワゴン

ワイパーがポッキーになってるよ!!!
ワイパーがポッキー

外にはグリコ製品の直売所があります。グリコおなじみセブンティーンアイスとコカコーラの自販機が並んで置いてありました。セブンティーンアイスっていつも子どもたちが大行列してますよね。
自販機

では、早速中に入ってみましょう。

展示コーナー「グリコタウン」

1番はじめにグリコの歴史のムービーを見ます。グリコの社名は牡蠣(カキ)に多く含まれるグリコーゲンから来てるんです。
カレッジホール

写真撮影できる場所が限られてましたので、パンフレットの写真も入れてご紹介しますね。

グリコキャラメルの当時のキャッチフレーズは「一粒300メートル」。実際に一粒で300メートル走ることのできるエネルギーが含まれているからです。

当時では珍しく自動販売機でも販売していました。お金を入れると動画が見れて、おつりと商品が出てくる仕組みになってます。創業者の江崎利一は相当なアイデアマンだったのが伺えます。

創業者江崎利一の「子供の二大娯楽、食べることと遊ぶことを同時に満たしてあげたい」という方針から、キャラメルにおもちゃを同梱するようになりました。こちらには多くの子供達を魅了してきたおまけがたくさん展示されてます。

おまけとして1番はじめて同梱されたのは、絵カードです。
絵カード

ムスメも指さして、おもちゃに大興奮。
指差し

写真だと伝わりづらいですが、見上げるくらい大きなグリコポーズ。ツアーガイドさんが記念撮影してくれますよ。

製造ラインの見学「ポッキーストリート」「プリッツストリート」

続いて、いよいよお楽しみの製造ラインの見学です。ポッキーとプリッツの製造工程が見学できます。

残念ながら、ここも撮影禁止でした。

原材料の混合から、仕上げ、包装までの製造ラインをガラス越しに見ることができます。多くがオートメーション化されていますが、なかなか楽しめますよ。

期待していた、ポッキーにチョコレートがつくところは企業秘密のようで見学できませんでした。残念…

ポッキーの製造ラインと、プリッツの製造ラインと漂ってくるおいしいニオイを較べてみるのも楽しいです。

知ってた?
プリッツ表面にある点々の模様は、オーブンで生地を焼きあげる際に付く「焼き目」なんです。だから片面にしかついていないんですよ。

クイズチャレンジツアー

製造工程の見学が終わると、クイズチャレンジツアーに参加します。今までのグリコに関する知識を試すクイズが出題されます。

クイズチャレンジツアー

グリコやグリコ製品について、3択早押しで回答していきます。

なんと、妻が優勝して、商品としてトマトプリッツをもらいました!

写真と撮ろうと思ってたら、一緒に来てたお友達におすそわけと、帰りの車の中で妻とムスメと食べてしまってゴミ箱へ。残念。

おみやげもらえるよ!

グリコピア・イーストオリジナルパッケージのプリッツがもらえます。サラダ味でした。
オリジナルプリッツ

あとは膨らますポッキー風の風船。
ポッキー風風船

こちらは外の売店で買ってきたジャイアントポッキーです。

普通のポッキーよりだいぶ大きいです。

さいごに

所要時間は70分でしたが、あっという間でした。2歳のムスメは途中で飽きてしまったのか、グズり気味でしたが・・・。対象年齢は小学生くらいからかなぁ。

それにしても無料で見学できて、おみやげももらえる。大人気なのもうなずけます。

もしよかったら、行ってみてくださいね。

グリコピア・イーストの情報はコチラです!

住  所:〒364-0013 埼玉県北本市中丸9丁目55番地

アクセス:圏央道(首都圏中央連絡自動車道) 桶川北本ICより車で約15分

     JR高崎線北本駅からタクシーで約10分・けんちゃんバス北本駅東口発 グリコ工場方面行(循環バス)も利用可

案内時間:9時半・11時・12時半・14時の4回(所要時間約70分)

入場料 :無料

駐車場 :大型バス5台、乗用車40台(無料)※ご予約いただいた方には、駐車スペースをご用意しております。

休館日 :毎週金曜日/お盆休み/年末年始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク