心地いい行列がクセになる!新宿の大人気つけ麺「風雲児」

スポンサーリンク

前々から1度は食べてみたかった新宿のラーメン店「風雲児」に行ってきました。「新宿 ラーメン」で検索すると、すぐ見つかる行列のできる人気店です。

味もさることながら、待ち時間も苦にならない素晴らしいお店だったので、ご紹介します。

「外国人に人気の東京スポット ベスト30」にも入っている名店です。

国産の鶏のみで
まっ白に白濁させコクを出し
四国瀬戸内海で捕れた
煮干や厳選された節を
ふんだんに使用したスープです。

どうぞ、ご賞味あれ。

風雲児ウェブサイトより

スポンサーリンク

風雲児 店舗情報

店舗名 風雲児(ふううんじ)
住所 東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビル 1F
営業時間 月~土
11:00~15:00、17:00~21:00
※スープ売り切れ次第終了)
定休日 日曜・祝日
座席数 カウンター15席(完全禁煙)
アクセス 【JR】新宿駅 南口から甲州街道に沿って徒歩5分

【都営 新宿線・大江戸線】新宿駅 6番出口から徒歩1分
電話番号 03-6413-8480
お問い合わせ http://www.fu-unji.com/

覚悟はしてたけど、店外に行列


風雲児看板
お店に到着したのが、11:10。開店してから10分足らずで、店外にはすでに行列が。

風雲児のれん

ブルーの下地にかっこいい家紋があしらわれた「のれん」をくぐると店内に15名くらい並んでました。さすが人気店ですね。

券売機

食券買えたのか11:20。なかなかの回転率と見えました。得製つけ麺、1,000円を購入。

店内も行列してる


店内は縦長でカウンター席の後ろで順番待ちをします。年齢層は20・30代が多く、男性6割、女性4割くらいでした。
風雲児店内

行列店って仮に料理が期待外れでも、並んだ時間とコストは消えないから、人はおいしかったと思い込もうとするそうですよ。

▷参考
なぜ人は行列するのか? 心理と店側の戦略 « 日刊SPA!

仕方なくわたしも並んでました。たとえ味が期待外れだったとしても。

初めての体験、行列が心地いい


事前に店主がイケメンという情報は仕入れてました。店内に入ると、すぐに店主が分かりました。見た目はラーメン店主にはあまりいないチャラそうなイケメン店主です。

想像をはるかに裏切るくらい彼の所作が素晴らしい。

お客様にやさしい声でおだやかに列を詰めることを促す。列の途中にエアコンがあり、頭が当たらないような気遣いをみせる。

そのかたわらで麺を茹で、湯切りをし、店員に指示や指導をする。

並んでいるのも忘れて心地よい感覚で席に着いたのでした。大げさですが、もう1度並んで彼の所作を見てみたい。

後で調べて1人でウンウンとうなづいてしまったのですが、店主 三宅重行さんは芸能界やホテル支配人を経てラーメン屋店主になったそうです。

ホテルの支配人といえばハイレベルなサービスや接客が求められる仕事。そんな彼の経歴もあって心地よい待ち時間を過ごせました。

▷参考
芸能界やホテル支配人を経てラーメン店主へ 「風雲児」店主 三宅重行氏インタビュー|ラーメン店主インタビュー|ラーメンバンク

女性客が多いのも納得。男性のわたしもウットリしそうになりました。

いただきます!


麺とスープ
席につくやいなや、麺とつけ汁が到着。

麺
麺は中太のストレートです。ツルツルしていて、ちょいとまぶしいくらい。

つけ汁
見ためだけで分かる濃厚なつけ汁。魚粉があるだけでテンションが上がります。

つけ麺を食べるときは、麺をつけ汁に半分くらいつけて食べるのが好きなんですが、風雲児のつけ麺はつけ汁にイヤってほど潜らせて、絡ませないともったいない。

チャーシューもわたし好みの厚さで食べ応えバツグン。味玉も味がしみててうんまい。

つけ汁も冷めてきたあたりでセルフのスープ割を投入。丼を持つのがツライくらい熱くなって最後まで美味しくいただけました。

完食

完食!

さいごに


風雲児の素晴らしさを伝えたいんだけど、表現力のなさに嫌気がさしながらこの記事を書きました。隣に座ってた女性2人組も一口食べて、2人でうなづき、言葉も発せず黙々と食べてました。それくらい、うまい。

行列が心地よさと味を楽しみにまた行きたいと思います。

ごちそうさまでした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。