[ü] ヘルスケアApp対応「FitPort」をダウンロードしてみた。

スポンサーリンク

どうも @Totty です。

今日はiOS 8からの新機能ヘルスケアに対応したアプリ「FitPort」をダウンロードしてみた件です。

そもそも「ヘルスケア」ってどんなアプリ?

新しいヘルスケアアプリケーションは、あなたの健康とフィットネスに関するデータをダッシュボードに読みやすく表示します。デベロッパのみなさんには、HealthKitという新しいツールを用意しました。これにより、すべての素晴らしい健康アプリケーションやフィットネスのためのアプリケーションが連係できるようになり、あなたをさらにしっかりサポートします。健康に、新たな革命が始まります。

だそうです。

ごめんなさい、イマイチよくわからんのですが、健康に関するアプリなんかと連携するようです。

スポンサーリンク

iOS8 Healthkitの不具合でアプリリリースが遅れる

iOS 8でアプリと連携させるHealthKitに不具合があったため、アプリが一時消えていたようですが、iOS 8.0.2が出たのでリリースされたようです。

「FitPort」とは?

FitPortは標準アプリのヘルスケアでも見れる情報を、もっと見るのが楽しいものを目指して作ったアプリだそうです。

開発者は@aqubiさんです海外Pressからの問い合わせが複数あるらしいです。凄い!

guess what?: iOS8 Health対応 FitPort リリースしました

実際にダウンロードしてみた


まずはAppStoreからダウンロード! 記録項目が出てきます。

記録項目を選択して、iPhoneの健康データのアクセスを許可します。

かっこいいデザイン。 しばらくするとデータが反映します。

iPhone6にしてからのBest歩数が7548歩って少ないなぁ。
こんなことならもっと歩いておくんだった( ̄▽ ̄)

FitPort ヘルス&フィットネスダッシュボード
価格: ¥200(記事公開時)
サイズ: 6.8 MB
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル

まとめ


今まで歩数計はMovesというアプリを使っていましたが、どうもデザインが好きでなかったのと、iPhone5の時に電池の減りが早いのが悩みでした。
iPhone6のM8コプロセッサはウォーキングなのか、ランニングなのか、サイクリングの違いを認識するそう。

また電池にも優しいようです。 ぜひ興味のある方はダウンロードしてみてください。

では!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。