厳しい意見を言う人はあなたの敵ですか?いいえ、強い味方ですよ

スポンサーリンク

何事も調子のいいときと悪いときがありますよね。

何をやってもうまくいかないときについつい自分の意見に同調してくれる人を求めてしまう。よくあることです。

自分の意見に反対しない、応援してくれる人に囲まれるのは気持ちがいいもんです。流れが悪いときはそんなリラックスした空間に身を置きたくなりますよね。

でもあえて厳しい意見を言う人と接する。対立する意見を言ってくれる人は敵なんかじゃなく、味方なんです。

スポンサーリンク

あえてたまには厳しい環境に身を置く

十人十色と言いますが、人の意見もそれぞれ違うもの。

その中で自分に近い考えを持つ人を置くことは、プ極めて重要なことです。プライベートに限ってですが。

仕事においては意見の合わない人とも付き合いをしなくてはなりません。手厳しい指摘をする上司や先輩、同僚もわんさかいます。

そんな人たちと距離をとりたくなる気持ち、わかります。だってそういう人たちに、否定されることはツライから。

でもそういう厳しい環境に身を置くことで、凝り固まった考えから抜け出せるんです。

自分を見直すきっかけになる

人からズバリ弱いところ、痛いところを指摘されるとムカッときますよね。

あなたに私のなにがわかるのかって問いただしたくなる気持ち、分かりますよ。

でも、それは自分が目を背けている、本当の姿なんです。自分では気づいていないフリをしてる、自分じゃない自分。

他の人から見るとそういう風に見えているんですよ。

自分に同調してくれる人間は心地よく、快適です。

でもそんな環境にいたら、永遠に自分を見つめなおすきっかけはこないんです。

自分の考え方がアップデートされる

失敗や挫折を繰り返して人は生きています。そして多くの物事を反復していると、次に失敗しないために、自分なりの「型」ができます。

「型」にはまることは極めてラクな行為です。

今までの経験から導き出した「型」から外れなければ、大きな失敗をすることはない。

でもたまには「型」から外れて見ると、自分の考えがスッとアップデートされるのに気づくはずです。

スマホだって、日々アップデートが配信されるんです。僕らは違った考えと対立することで、自分の「型」をアップデートさせる必要があるんです。

さいごに

仕事で悩んでいる時に、厳しい意見を言ってくれた先輩に感謝して、この記事を書いてみました。

厳しい意見を言う人はあなたの敵ですか?いいえ、強い味方ですよ。

Totty*

でも、ホントにツライときは、自分の気の合う人にどっぷり浸かりましょ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。