エアコン室外機の蜂の巣を自分で駆除するのは危険!クーラーが動かないトラブルにも・・・

スポンサーリンク

夏の後半~秋に最盛期を迎える「ハチの巣作り」。身の回りにハチの巣ができてしまったら大変です。季節柄外に出る機会も多いので、特に小さいお子さんがいるお家は、心配ですよね。

ハチはブンブン飛び回るし、見た目も怖い。刺激を与えると刺されてしまう場合もあります。スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチによる刺害事故の件数は、全種類・全自治体をあわせると、年間で数千件にものぼるといわれています。

我が家の出来事です。

エアコン付近にハチが多いなぁと思っていたら、なんとベランダのエアコンの室外機に蜂の巣を作られてしまいました。なかには自力で駆除する方法もあるようですが、結果的に専門の駆除業者に駆除してもらうのが1番だと感じました。

スポンサーリンク

自分で蜂の巣を駆除するには危険

駆除業者に頼むとお金もかかるので、自分で駆除しようと思っている方もいらっしゃると思います。まずはハチといっても、様々な種類があります。

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチあたりが有名ですが、ハチの種類によっても対象方法が変わってきます。よくあるのが、ハチの種類を見分けるために、巣に近づいた時に刺されてしまうこともあります。

とにかく「巣に近づかない」のが被害を最小限に留める方法です。少しお金を払ってもプロに任せるのが1番です。

ハチの巣を見つけたら
・手で追い払ったり、大きな物音をたてないようにしましょう。
・興味本位で巣に近付いたり、いたずらをしないようにしましょう。
・黒いものに反応するので、帽子やタオルをかぶりましょう。
・においにも敏感で香水や整髪料などにも注意が必要です。
出典:さいたま市ホームページ

エアコンの室外機に蜂の巣→最悪クーラーが故障

我が家のようにエアコンの室外機の中に蜂の巣を作られてしまうと、素人で駆除するのは、難しいです。室外機のカバーをあけて作業をしなければなりませんからね。

蜂の巣ができてただでさえ恐怖なのに、室外機のファンが回らなくなり、エアコンが故障してしまうこともあるようです。暑い夏にこれはキツいですよね。

ベランダで子供をプールで遊ばせたり、夏場で洗濯する機会も増えるので、専門の業者さんに相談することにしました。

蜂の巣の駆除方法

蜂の行動は夜間に鈍るということで、駆除業者さんが21時頃やってきました。

うちが2件目であと3件ほど、蜂の巣を駆除するそうです。それだけ作業をこなしているならとホット一安心。早速ベランダに案内します。

室外機にライトを照らして蜂の巣を確認してもらいました。

「アシナガバチですね。駆除しちゃいますので、家の中に入っていてください。」とのこと。

蜂取り専用防護服に身をまとい、手際よく殺虫剤をかけ、室外機の天板を外し、ピンセットで巣を取り出したのでした。ホント、あっという間でした。

駆除業者さん曰く、夏場はエアコンの室外機に巣を作ることが多いそう。ひどい場合だと、巣が大きくなりすぎて室外機のファンがまわらないこともあるそうで、稼ぎどきらしいです。

なにはともあれ無事駆除してもらい、安心して生活することができます。

さいごに

ハチを見ると恐怖を感じる方も多いようですが、草花の花粉を運んだり、害虫を食べてくれる益虫でもあります。できれば共存していくのが望ましいです。

もしも、ハチに刺されてしまったら、

◆刺された部位を流水で洗い、手で毒液を搾り出し、氷などで冷やしましょう。抗ヒスタミン軟膏を塗りましょう。

◆まれにショック症状を起こすことがあるので、念のため速やかに医療機関を受診しましょう。

心配な人は専門の駆除業者に依頼しましょうね。

▷ご相談、出張費、見積もりが0円で、全国各地に対応!気軽にご相談を。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。