[ü] 旅行用に小型ルーター・バッファロー・WMR-300 を買って行ってよかったよ。

スポンサーリンク

どうも @Totty です。

旅先で便利な小型ルーターの話。

はじめに


今、沖縄に来てます。

まだ初日ですが、子どもいるとあっという間に1日が過ぎてしまいますね。心地よい疲労の中、子どもの寝息をBGMにブログをしたためるのもなかなかオツなもんです。

今回の沖縄旅行は、1歳5ヶ月になる娘の飛行機デビュー。嫁さんの最大の不安は、往復の飛行機内でグズらないかということでした。嫁さんの創意工夫が功を奏して、往路はなかなかの成功を収めました。

一方旦那の心配事は、初めて行く土地なのでケータイの電波含め、ネット環境大丈夫かな?ということでした。そーいうの気になっちゃう性分なんです…

スポンサーリンク

沖縄の携帯事情について


沖縄の携帯についてネットで検索すると、auのシェアが約50%もあるらしいです、沖縄県民の2人に1人がauって凄いね。なんでauはけっこう電波が入りやすいようです。

[沖縄セルラー・北川社長に聞く] 沖縄で、auがシェアNo.1でありつづける理由 – ケータイ Watch

こちらはSoftBankですが、元来携帯の電波なんてのは水モノで、繋がるところもあれば、繋がらないところもあるさくらいに考えているタチなんで、あまり期待はせず、仮に繋がらないなら繋がらないで「沖縄時間」に身を任せようと思ってました。

ホテルのネット環境くらいは整えたい


宿泊するホテルのネット環境を調べてみると、無線LANはどこのホテルでもロビーで利用可、客室には有線LANを用意しているホテルが多いようです。

ホテルで3G/LTEが入らなかった時とのことや、通信速度を快適にするために以前どっかで見た小型ルーターを購入してみました。

こいつは小さくても、なかなか使えるヤツなんです。


via バッファロー

BUFFALO 11n/g/b 300Mbps ポータブル無線LAN親機 ホワイト WMR-300-WH

仕組みはすごい簡単。有線LANに小型ルーター繋いで、給電はUSBからやるよって話。

実際使ってみたぞ!

パッケージはこんな感じ。

300Mbpsまで対応。

有線LANポートに刺すLANケーブルも付属

WiFiのアクセスポイント本体です。多少厚みはありますが、名刺より小さいコンパクト設計。

LANの差し口

こちらは給電用のUSBケーブル

全体。LANも内蔵だとスッキリするのになぁ。

繋げるとこんな感じ。

繋げたらすぐSSID出てきました。パスワードは本体裏側に記載されてますので気軽にお試し頂けるかと思います。

スピードテストしてみた

左が小型ルーター、右がLTE。
この手のスピードテストはやるたびに速度が変わるのでご参考までに。

まとめ


私としてはIPadがWi-Fiモデルなので、わざわざiPhone側でデザリングしなくてもいいし、また通信制限にひっかからないように気を遣わなくていい点が気に入りました。

旅先で快適にネットをするためにもいい商品です。ビジネスマンの出張にも使えますね。

お値段もお手頃なんで旅のお供にお一つあってもいいかもしれません。

BUFFALO 11n/g/b 300Mbps ポータブル無線LAN親機 ホワイト WMR-300-WH
バッファロー
売り上げランキング: 1,943

では!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。