気軽におうちで油そばが楽しめる、ぶぶかの油そばカップめんを食べてみた

スポンサーリンク

スープの海で泳いでいる君も素敵だし、スープに潜る君も魅力的だ。でもたまにはスープが無くたって輝くところを見せてくれ。

どうも、無類の麺好きTotty です。

油そばというとっても魅力的な食べ物があります。一般にはまだまだ認知度が低いですが、わたしは大好きでみつけると飛びついてしまいます。先日、コンビニのカップ麺コーナーで、ひときわ輝いていたぶぶかの油そば。もう迷うことなく、レジに向かったのでした。

こんなことばかりしてるから痩せないんだな。おでん食べないと

スポンサーリンク

油そばの名店「ぶぶか」


こちらが今回購入した明星 ぶぶかの油そば。東京、吉祥寺にあります。

原材料表示。

裏面。カロリーは見なかったことにする。

カップ、湯切りは一平ちゃんといっしょ。

かやく、ふりかけ、ソース、マヨ。

かやく入れて、4分待ちます。

出来上がり!いただきます!


なるとにメンマ。

ソースをよ〜く絡めて、ふりかけを。ふりかけは焼海苔と乾燥ネギ、フライドガーリックかな?

マヨもかけちゃえ。一平ちゃんで培われたマヨビーム方式ですな。

いざ、実食!

麺はカップ麺なんで想像通り。生の麺にはコシはかないません。が、食欲そそるごま油の香りに、ふりかけの焼海苔が絡んでおいしい。具は少なめですが、メンマも食感がよくアクセントになってます。

お好みで卵を落としたり、少し酢をチョイ足ししてみてもいいかもしれません。

さいごに


有名店に並ばずとも、自宅で気軽に楽しめるならいいんじゃないでしょうかね。

かなりの高カロリーなんで、覚悟して食べましょう。背徳感を楽しみながらね。

では!

次回予告

「書くということに特別なことは何もない。ただタイプライターの前に座って血を流すだけだ」と言ったのはヘミングウェイでした。毎日ブログを書いていると、自分の文章のヘタさにパソコンやiPhoneの前で血を流す日々。

文章がうまく書けるようになりたいと出会ったこちらの本をご紹介予定です。

超入門 名作書き写し文章術 1日10分続けるだけ
コスモ21 (2013-08-30)
売り上げランキング: 27,364

更新情報はこちらからチェック!

feedlyでRSS購読

Twitterで購読

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク