ブログを毎日更新するコツは、短いとか長いとかを気にしないこと

スポンサーリンク

DEENの8センチCDがすごく気になる35歳、Totty です。

2014年12月15日からブログを毎日更新しています。ブログの更新頻度については、毎日更新するのがいいって人もいれば、クオリティーが下がるから1記事を丁寧に書いたほうがいいとか、いろいろ主張があります。

僕は個人的にどっちも一長一短だと思うので、どちらを選択してもいいと思います。もっと極論をいわせてもらうと、「書く人の好きでいい」と信じてます。

で、僕は今のところ、毎日更新しようとしているわけで、今日は、僕なりのブログを毎日更新するコツについてちょっとだけ話をしてみます。

スポンサーリンク

なんで毎日ブログを更新するの?

以前妻に聞かれたことがあります。

「なんで毎日ブログを更新するの?」って。

その時に答えに困ったんですよ。自問自答してみて、「ブログを毎日更新している理由って何なんだろう」と。

考えてみれば、途中で連続更新が途絶えてからは意地もありますけど、1番は文章をうまく書けるようになりたいっていうのがあります。

ブログを書き始めたころの文章に比べれば、今のほうが読みやすい文章を書けています。

でも、うまい文章をかけるようになるのはまだまだ数年、いや数十年かかる。

将棋棋士の羽生善治さんは、このようなことを言っています。

「私は才能は一瞬のきらめきだと思っていた。しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。」

僕には文章を書く才能はありません。でも天才でなくてもできることがあります。それは継続すること

ブログを書くことは、自分の未来の為でもあるんです。1記事を丁寧に書くことも大事ですが、今は場数を増やすことを念頭に毎日奮闘してます。

毎日ブログを書いていると、記事の短い・長いが気になってくる

最近はあまり気にしなくなりましたが、ブログを毎日書いていると気になってくるのが、短い記事を書いていいのか?ということ。

今から考えればあまりに稚拙な考えですけど、短いと読んでくれるリピーターが減るんじゃない?(そもそもリピートしてくれる人は限られていたはず。)とか、読んでくれている人をガッカリさせているんじゃないか?なんてことばかり気にしてました。

他の人のブログをみてみると、毎日更新している人で、それなりのボリュームの記事を書いている人がたくさんいます。ただただ尊敬するばかりです。

そういうブログを見るにつけ、「もう少し長くて、ボリュームのある記事を書かないといけないのかな?」なんて考えるようになってきて、ブログを書くのがツライ時期もありました。

でも僕なりに見つけたブログを毎日更新するコツは、短いとか長いとかを気にしないこと。

そして自分だけのブログ。読んでくれる人のことを考えるのは大事なことだけど、自分が好きなように書かないと読んでいる人も楽しくないでしょうということに気づいたんです。

ということでブログの記事は短くてもいいんだよってことを肯定すべく、このへんで終わりにしようかな。

Totty*
これからも書き続けますよ。うん、10年は書き続けよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク