「ここだけの話」は決して「ここだけの話」ではない

スポンサーリンク

先日とある人から「ここだけの話」を聞きました。

彼は自称社内の事情通で、いろいろゴシップをかぎまわることで有名な人です。

もったいつけたように毎回「ここだけの話」を聞きもしないのに、話してくるのにウンザリしてます。

そういうとき、リアクションするのも面倒なので適当に聞き流すようにしてます。

「ここだけの話」は決して「ここだけの話」ではないから。

スポンサーリンク

認めて欲しい欲求

多分「ここだけの話」を乱発する人は、認めて欲しい欲求がとても強いのでしょう。

え?そんな情報どこから仕入れたの?スゴいですねと言われたいんだろうな。

でも冷静になって考えてるみると、彼は認めてほしい欲求があるわけです。

なら、僕だけで足りず他の人にも同じことを言って欲求を満たそうとしてるはずなので、話半分に聞くようにしてます。

くだらない噂話

「ここだけの話」の内容はたいていくだらない噂話です。

それが明るみに出る前に人に話したい気持ちはわかりますけど、噂話に振り回されるほど、ムダなことはありません。

その噂話が、真実だとすると、近いうちにきちんとしたソースを持って明らかになることがほとんどです。

そんなものに振り回されることはないんですよ。

話に尾鰭がつく

ここだけの話は人から人へ伝わっていることが多いので、話が大げさになりがちです。

認めてもらいたい人たちが話を盛って伝えているからです。

「ここだけの話」という枕詞は、「自分の話を聞くだけの価値があるよ」と自分側に引き寄せるための単なるフレーズにすぎないのです。

さいごに

こういうここだけの話を乱発する人には注意が必要です。

そもそも自分に対して「ここだけの話」とぶち上げてまで、リークする価値があるのかを見極める必要がありますね。

そしてそういう人とは一定の距離を置いた方がよいでしょう。

みなさんも周りにもいませんか?「ここだけの話」をする人。

ここだけの話、距離を置いて接した方がいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。