iPhone6(au)はキャリアアグリゲーションとWiMAX 2+に対応

スポンサーリンク

iPhone5(Softbank)使いの@Totty です。めんどくさいので今回はMNPしないつもりですが、auのiPhoneもなかなか魅力的ですね。

iPhone5で辛酸をなめたau


Au 4G LTE

auはiPhone5販売の時に、800MHzのLTEへの対応が出来ず、辛酸をなめました。800MHz帯を主力として日本全国でLTEの整備を行っていたのが、その当時は裏目に出た形でした。

しかしiPhone5c,5Sから800MHzのLTE電波帯への対応もできるようなりました。docomo・SoftBankがメインで整備していた2.1GHzと比較して、広範囲に、屋内やビルなどに届くメリットの恩恵をユーザーは受けることになりました。

au反撃の一手、キャリアアグリゲーション

Au 4G LTE CA

日本では初めてキャリアアグリゲーションを導入したのはauです。最近CMもたくさん打っているので徐々に認知度は高まっていますが、まだまだ耳馴染みになっているかといえば、そうでもないのが実情といったところでしょうか。

「通信用語」はぱっと見わかりづらく、このあたりをいかに分かりやすく消費者に伝えるかが今後キーになってくるような気がします。

このあたりのPR戦略はSoftBankがうまいんだよね。

さらにWiMAX 2+にも対応

Au WiMAX 2+

さらにはWiMAX 2+にも対応するようです。一部の東名阪からのスタートで全国主要都市に広がるようです。

うーん、それにしてもLTEのネーミングといい、WiMAXといい、ややこしいのが多いなぁ。。。

まとめ


auもキャリアアグリゲーションやWiMAX 2+など魅力的なサービスを展開してきますね。今回iPhone6が発売当初からSIMフリー端末を販売することで、日本でもSIMフリー端末が一般的になることが予想されます。

キャリアに縛られない格安SIMも人気が高まっており、こちらも加速度的にサービスが乱立しはじめてます。

まだまだこの業界、目が離せませんね。

ちなみに utakata-days ではこんな記事も書いてます。

iPhone6(Softbank)はAXGP対応に。

では。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。