[ü] あられとひょうの違いは粒の大きさ。かぼちゃ大のひょうが降った事もあるらしい

スポンサーリンク
アイキャッチ

どうも、最近めっきり寒くなって手袋が欠かせないTotty です。

昨日の午後のことです。車を止めていると、何やらカラカラと音がする。何だろうと窓を開けてみると氷の粒が降ってきてるではないですか。

これは、

霰(あられ)???

雹(ひょう)???

ということ「違い」を調べてみました。

スポンサーリンク

気象庁のサイトに教えてもらおう


気象庁の予報用語によると、

▷霰(あられ)
雲から落下する白色不透明・半透明または透明な氷の粒で、直径が5mm未満のもの。

▷雹(ひょう)
積乱雲から降る直径5mm以上の氷塊。

つまり、大きな粒になると雹(ひょう)になるんだねー。確かに「あられ」より、「ひょう」のほうが強そうだ。

かぼちゃ大の雹が降ってきたこともあるらしい


大正6年6月29日に埼玉県の熊谷市でかぼちゃ大の雹が観測されているそうです。

直径29.5センチメートル、重さ約3,400グラムだそうです。

こんなの落ちてきたら怖いよね。

参考▷かぼちゃの大きさの雹(ひょう)について-熊谷気象台

雹の被害は甚大


かぼちゃ大とまではいかなくても、時にゴルフボール大にもなる雹。

雹を浴びた車は、ボンネットや屋根にピンポン玉大のへこみができたり、窓ガラスが破損したりと散々な目にあっているそうです。

また農家ではビニールハウスが倒壊、農作物も売り物にならなくなったりと大きな被害が出てしまうのです。

さいごに


今日私が見たのは、「ひょう」じゃなくて、「あられ」だったんだね。

気をつけてどうにかなるものではありませんが、注意が必要ですね。

では!

ブログ更新に使用したアプリです

こちらの記事はiPhoneから更新が便利なするぷろ&するぷろーらで書きました。

するぷろ for iOS
(WordPress & Movable Type & ライブドアブログ & FC2ブログエディタ)
(¥500)

するぷろーら
(WordPress & Movable Type Support App)
(¥500)

※価格は掲載当時の価格です。

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。