Appleのキャッチコピーがステキなのでいっそのこと集めてみた

スポンサーリンク

企業や商品のキャッチコピーにはセンスが色濃く出ます。企業が僕たち消費者に送るメッセージ。

・バファリンの半分はやさしさで出来ています。
・すぐおいしい、すごくおいしい。
・すべてはお客様の「うまい!」のために。

魅力的なキャッチコピーは企業のイメージを作り、そして商品の価値を高めます

僕がApple製品が好きな理由の1つに、Appleのキャッチコピーがあります。熱心なAppleファンの僕が、気になるキャッチコピーを集めてみました。

スポンサーリンク

iPhone編

あなたには想像を超えた力がある。

この色は、あなたです。

iPad編

軽々と、パワフル。

小さい。でも万能。

Mac編

もっと好きになれるノートブック。

すべてのピクセルに、さらなるパワーを

性能とデザインを研ぎすましました。

その上のパワーを、そのままのサイズで。

果てしない創造力のために。

iPod編

たくさんの音楽を、小さなボディーに。

タップして、プレイして、どこへでも。

ベスト40,000曲を持ち歩こう。

最高の楽しさを設計しました。



この中で一番好きなキャッチコピーは

好きなコピーは見つかりましたか。 私はやっぱり

もっと好きになれるノートブック。

がいいですね。ほしいよね、Macbook Air。はやくRetina化しておくれ。

参考▷声に出して読みたいアップルのキャッチコピー

今回のiPhone発表会のキャッチコピー

event-invite

来週はいよいよiPhoneの発表会ですね。

「Wish we could say more」

もったいぶっちゃうけどさー、ホントはいますぐにでもしゃべりたいことがたくさんあるんだよね〜。って感じですかね。

今までのステキなキャッチコピーを無駄にするちょっとファンキーな訳文にしてみました。

たぶんこの英文ってI wish I were Bird. と一緒の構文ですよね。

(We) wish we could say iPhone6, iWatch….
ってな感じでしょうかね。

いずれにせよあと1週間足らず、ワクワクが止まりません。

では。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。