シアトルにオープンしたAmazon Booksに対抗して、僕なら日本版Amazon書店をこう作る!

スポンサーリンク

Amazonで購入したモノ、数知れず。

こと書籍に至ってはほぼ100%がAmazonからの購入。最近はKindle本が多いですが、紙の本も欲しい時にポチッとできるので便利に利用させてもらってます。

さっきネットの世界をプラプラっとしていたら、Gigazineさんにこんな記事が出てました。

Amazonがついに開店させたリアル書店フォトレポート、中はこんな感じ – GIGAZINE

あのAmazonがアメリカ・シアトルにリアル店舗をオープンしたらしいんです。

スポンサーリンク

Amazonの実店舗 Amazon Books

アメリカ・シアトルで、Amazonの実店舗「Amazon Books」がオープンしました。

店内で販売される書籍は5000冊と比較的少ないのですが、選書はAmazon.comでの評判をベースにして行われており、多くの作品が星4つ以上の評価をつけられ、数々の賞を受賞した作品になっているとのこと。

うーん、行ってみたいけど、遠すぎるよね。

2店舗目・3店舗目のオープンも視野に入れているようですが、日本でオープンしたりしませんよね。

僕が日本でAmazon Booksを作れるならこうするぞ!

100%、いや、150%、僕が日本でAmazon Booksの店舗を企画・開発することはありえませんが、想像・妄想するのは自由だと思いますので、ちょっとばかし、希望というか、アイデアをば。

ブックカフェ

最近増えてきましたが、ブックカフェはマストでしょー。

コーヒーチェーンとタイアップしてもいいし、コンビニコーヒーでもいい。ゆっくりお茶しながら、購入した本を読めるスペースがあったらステキじゃないですか。

あと靴を脱げる所がいい。リラックスして読書したのは、僕だけ?

電子書籍ユーザー+新規電子書籍ユーザーの獲得

もちろん、電子書籍も大歓迎。Wi-FiスポットでKindle本がダウンロードできるスペースを作るよね。今やKindleだけでなく、iPadやPC・Macとデバイスを選ばないKindle本。

Kindleの無料体験とかやっちゃう。わざと吹き抜け、作って太陽光、ズバーン。明るい太陽の下でも、見やす〜い、読みやす〜い。軽〜い。っていう、例のCMのやつ。デモして、その場で販売しちゃう、根拠のない自信あるわ。

パパ・ママにも優しいAmazon

育児をしているパパ・ママの悩み。なかなか読書時間が取れない。

それなら、託児所を併設しますね。おもちゃはAmazonで売ってるものを置くし、プライムビデオで日本昔話とか流しちゃう。子供も大喜び。

あとはママのための買い物用タブレット端末とか置いちゃう。託児所に預けた方は一律5%オフとか、ママ友連れて来て、プライム会員紹介、その場で入会したら、ギフトカードプレゼントとかやっちゃうよね。

プライムビデオ視聴スポット完備

プライム会員ならプライムビデオを視聴できるコーナー。おうちでゆっくり見るのもいいけど、こういうスペースで見るのもいいでしょう。

カップルシートとか、ファミリーシートとか作っちゃう。

Amazon実演販売、やってます!

もうママたち集めて、レジェンド松下呼んじゃって、Amazonの人気商品のデモンストレーションコーナー、実演販売的なヤツ、開催。

もう連日キャベツスライサーで、主婦たちをトリコにしちゃう。

そして、キャベツスライサーを買った主婦を取り逃がさないように、Amazon取り扱い商品で作るクッキングスタジオ。もこみち呼んじゃって、オリーブまみれ。

いつまで妄想しているんでしょう。こんなんどうでしょうね?え?今あるものをAmazonと結びつけただけだろって。ご名答。

あー、楽しかった。以上。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。