WordPressテーマ「アルバトロス」で過去記事リンク作成が驚くほど捗るプラグインを入れてみたよ

スポンサーリンク

当ブログは有料WordPressテーマ、アルバトロスを使用しています。

「誰が使っても美しいをコンセプト」に開発されたテーマです。シンプルなデザインですが、見やすくて、キレイなテーマで非常に気に入ってます。

特に気に入ってるのが、記事内に自分の過去記事のリンクをカンタンに貼れる機能。表示させたい記事IDを入力するだけなんで、めちゃめちゃ便利なんですよ。

ただ難点は、記事IDを調べるすることが面倒なんです。

そこでID表示プラグインのShowID for Post/Page/Category/Tag/Commentを使うと、記事IDがカンタンにわかるので、アルバトロスユーザーは、ご使用になることを、つよくオススメします。

スポンサーリンク

記事中に関連記事のリンクを画像つきで表示

アルバトロスには、記事内に表示させたい記事IDを入力するだけで、キレイなリンクがつくれるショートコードと呼ばれる機能があります。

この機能があるから、アルバトロスを使用しているくらい、気に入ってます。

ブログの過去記事へのリンクが、いい感じに貼れちゃいます。画像、タイトル、日付とバランスよく配置されていて、見栄えもいいです。

iPhoneの写真を手帳に貼りたい!たった100円で自作シールを作る方法

2015.09.24
↑ちなみに当ブログ、1番の人気記事です。

実際はこのようなショートコードで記載します。4桁の数字が記事IDですね。

[kanren postid="0000"]

この4桁の記事IDを探すのが、意外と大変なんです。

記事IDを確認する方法

まずは、記事IDを確認する方法をみてみましょう。

管理画面⇒投稿⇒投稿一覧を表示させます。

今まで投稿した記事が並びます。そこで、記事IDを調べたいタイトル名の上にマウスの矢印を持っていくと、ブラウザ下部に記事IDが表示されます。

記事IDの調べ方

毎回記事をマウスオーバーさせるのも面倒なので、プラグインに頼っちゃうと、もっとカンタンに記事IDが分かるんです。

ShowID for Post/Page/Category/Tag/Commentが便利!

「ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment」は、投稿記事やカテゴリの一覧表示内に「ID」の項目を自動的に追加してくれるプラグインです。

プラグインの導入方法

▷WordPressの管理画面にログインする。

▷プラグイン→新規追加

プラグインの検索窓に、「ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment」を入れて検索します。
plugin1

▷今すぐインストールを押して、インストールする。
plugin2

記事一覧に記事IDが表示されるようになった

ShowID for Post/Page/Category/Tag/Commentををインストールしたあとは、プラグインを有効にすればいいだけです。余計な設定などはありません。

記事を一覧を表示させると、タイトルとともに、自動的にIDが表示されるようになりました。

plugin3

これで過去記事への関連リンクを作るのが、非常に捗るわけですよ。

まとめ

アルバトロスユーザーなら、必ず入れておきたいプラグインShowID for Post/Page/Category/Tag/Commentをご紹介してみました。

これで過去記事のリンクを貼るのがラクになりますよ。

このアルバトロスには最近仲間のテーマが登場しました。その名も、ハミングバード 。目を引くアニメーションを取り入れた新しいテーマで、気になる人はチェックしてみてね。

素晴らしいアルバトロスですが、1つだけ願いが叶うなら要望がございます。

できれば他のブログ記事などへのリンクも、同じようにショートコードでキレイに表示できたら、サイコーなんですけどね。

いずれにせよ、このプラグインは入れておいて、損はないですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。