飛行機に乗らなくとも機内モードを使うべき3つのシチュエーション

スポンサーリンク

iPhoneには「機内モード」なる機能があります。

機内モードの機能は文字通り、

スマートフォンの通信機能をすべてオフにする機能です。機内モードをオンにすると、通話や通信(パケット通信やWi-Fiなど)といった電波を使った機能が利用できなくなります。

ちなみに「マナーモード」は着信音や通知音などが鳴らないようにするだけで、通話や通信は問題なく利用できるため、機内モードとは少し性質が違います。

機内モードというと、飛行機に乗る時だけに使う機能のようですが、実はピリっと気の利いた使い方があるんです。

スポンサーリンク

機内モードは、画面下部を上方向へフリックすると現れるコントロールセンターの左上、または「設定」の最上部にあるスイッチでオン/オフで切り替えができます。 3つの意外な使い道についてご紹介します。

1.急いで充電したいときに

8067670046_3d794f4edc_b

iPhoneを充電するの忘れた…。
外出の準備の間だけでも急いで充電したい。

よくあるお悩みです。

そんな時は機内モードにしながら充電。通信はできなくなりますが、効率よく充電ができます。

というのもiPhoneは常に電波を探しに行ってます。これが電池消耗を早めるんですね。 なので、機内モードにすると電波を探す行為を一時的にオフにできます。

短時間で効率よく充電をするときの機内モード。覚えておきましょう。

充電ができる環境にない場合も、機内モードにするだけで電池の持ちが少しだけよくなります。

2.電話に出たくないけど、データ通信はしたいとき

2158302157_5fb425516f_b

機内モードにすると、電話・データ通信すべての機能がオフになります。

当然電話がかかってきても繋がることはありません。ただ、電話は繋がらなくとも、ネットに繋ぎたい場合は機内モードオン→Wi-Fiをオンにするとデータ通信はできます。

Wi-Fiスポットなんかで使える技ですね。

なおLINEなどの無料通話はパケットを使ってるのでWi-Fiをオンにすると着信しちゃうので、ご了承を。

3.通信・電波の状況が悪いとき

photo credit: Steel tower via photopin (license)

photo credit: Steel tower via photopin(license)

iPhoneを使っていると、電波の拾いが悪くなったりすることがあります。

機内モードにして、一度通話・ネットワーク接続がリセット。またオンにすると新たな電波をiPhoneが探しにいきます。 それで最適な電波を拾うようにできているんです。

なので電波悪いな!と感じたら機内モードのオフ・オン試してみるといいですよ

さいごに

飛行機に乗る時だけに使うイメージがある「機内モード」も身近な場面で活躍することがあります。

とにかく電池、バッテリーには優しい機内モード。いざとなったら役に立つので、覚えておくといいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Totty*

生まれも育ちも「埼玉」の1980年生まれの35歳男子。iPhone好き、文具好き。無類の麺好きが祟ってメタボリックな日々。サラリーマンしながら、ゆるゆるっとブログを書いております。このブログも3年目に突入。体型も、ブログもダイエットしないと思いながらも今にいたる。どうぞ、ごひいきに。