iPhoneのコンパスは「水準器・水平器」にもなるんだね!ちょっとしたDIYにも便利だよ

スポンサーリンク

世の中には、水平・垂直が保たれていないと、気持ち悪いという人がいます。写真や絵でも水平・垂直がピシっと保たれているものは、見ていても気持ちがいいものです。

その垂直・水平を測る「水平器・水準器」。ものづくりに携わる人ならなじみがありますが、誰もがもっているものではありません。

TRUSCO ポケットレベル25×70
トラスコ中山(TRUSCO)
売り上げランキング: 2,384

Amazonなんかでは、1,000円前後で買えるんですけど、しょっちゅう使うわけでもない人は、iPhoneでこの代わりができるんですよ。

標準アプリである「コンパス」を「水平器・水準器」に切り替えて使うことができるのを知らない人も多いのではないでしょうか。

ポスターを水平にピシっとキレイに貼りたい几帳面な人や、ちょっとしたDIYで水平器がほしいという要望なら、十分な働きをしてくれる便利なシロモノです。

スポンサーリンク

水準器として使用できるコンパスアプリ

iPhone_level
iPhoneユーザーガイドから引用してみましょう。

水準器を表示する: 「コンパス」画面を左にスワイプします。

まっすぐ掛ける: iPhone を写真フレームやその他のものに当てて、緑色が表示されるまで一緒に回します。厳密に水平にできるように、ずれが黒い背景に表示されます。背景が赤い(相対的な傾きを示します)ときは、画面をタップして黒にします。

テーブルを水平に置く: iPhone をテーブルの上に水平に置きます。

傾きを合わせる: 傾きを合わせたい面に iPhone を当て、画面をタップして傾斜角度を取り込みます。求めている傾斜角度は黒で表示され、ずれは赤で表示されます。再度タップすると、標準の水準器に戻ります。

うーん、分かるような分からないような・・・。実際の画面を使って、詳しく説明しましょう。

あまり使わないコンパスアプリ

コンパスアプリを一度も起動したことがない人もいるかもしれませんね。僕もこのアプリは恵方巻を食べる時くらいしか起動したことがありません。。。風水を気にする人は、よく使うかもしれませんねぇ。

コンパスアプリよ、陽の目を見る時が来たよ!

▷こちらはコンパスの画面。

▷左にスワイプすると、画面が切り替わります。

▷水平になると、画面いっぱい緑色になります。

▷例えば、45度に合わせたいときは、画面をタップすると角度が固定されます。

▷傾けてみると、45度からどれくらいズレているか分かります。

実際に使ってみると、非常に役立ちますよ。

さいごに

以前にもご紹介したセリアで購入できるインテリアウォールバーがちょっと斜めに傾いてて気になってました。そこで水平器が大活躍したってわけです。

たった100円でiPad miniを壁掛けに!セリアのインテリアウォールバーを使ったカンタン・オシャレなディスプレイ術

2015.10.26

この水平器を使ってみたら、やっぱり傾いてました。サクッと水平に直すことができて、便利だったのでご紹介してみました。

毎日使うものじゃないけど、知っておくと便利なiPhoneのアプリのご紹介でした!

※今回の記事はiOS9.3.1で検証・ご紹介しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク